2008年10月15日

正直、どうなんだ?

2010 FIFAワールドカップ アジア最終予選 GROUP A
@埼玉スタジアム2002
日本代表11-11ウズベキスタン代表
0-0
【得点】

11玉田圭司
時間
前28'
前40'
【得点】
16シャツキフ


<日本代表のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:18楢崎正剛
DF: 2中澤佑二、 4田中マルクス闘莉王、 6阿部勇樹、15内田篤人
MF:10中村俊輔、 7遠藤保仁、17長谷部誠、13香川真司(後31'→ 8稲本潤一)
FW:16大久保嘉人(後17'→12岡崎慎司)、11玉田圭司(後37'→ 9興梠慎三)

(不出場サブ)
GK: 1川口能活、DF: 5高木和道、 3駒野友一、MF:14中村憲剛

<ウズベキスタン代表のメンバー>
(先発・途中交代)
GK:12ネステロフ
DF: 5アリクロフ、11ガフロフ、 2イスマイロフ
MF:18カパーゼ、 8ジェパロフ、 6J・ハサノフ、10マグデーエフ(後13'→17メルジジノフ)、14デニソフ、 9アフメドフ(後27'→ 7ハイダロフ)
FW:16シャツキフ(後27'→15ゲインリフ)

(不出場サブ)
4ジュラエフ、 3ホシモフ、 1G・ハサノフ、13ガリウリン
(選手別のポジションは不明)

<警告>
JPN)なし
UZB)17メルジジノフ(後27')、 2イスマイロフ(後51')

<退場>
JPN)なし
UZB)なし

<観客数>
55,142人

<この結果>
JPN:1勝1分0敗 勝ち点4
UZB:0勝1分2敗 勝ち点1

<試合詳細(@Sportsnavi)>
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/live/jpn_20081015_01.htm


ま、とりあえず、これはちょっとマズいんじゃないかと。

日本のやりたいことが全く見えてこないんですよ。

特に失点喰らうまでは、なんとなくサッカーして、
なんとなく相手をあしらってるうちに、
どっかでその処し方を間違えたが故に、
相手に突っ込まれて、点をあげちゃった、という感じになりました。

これで目が覚めたのか、中村俊輔→大久保→玉田とつないで
同点には持ち込んだんですが、後半がまたダラダラと・・・。

これじゃ得点なんかできるわけないだろうと思っていたら、
案の定ですよ。

まあ、ウズベキスタンが前半から飛ばしてくれたおかげで
スタミナ切れを起こしたことで助かりはしましたが・・・。


とりあえず、行くなら行く、守るなら守る。
このメリハリはしっかりつけときましょうよ。
じゃないと、いろんな意味で困るんじゃないですかね。

見てて、日本の選手たちは攻めたいのか守りたいのか、
その辺の意図が見えづらくなってることが間々あったんですよ。
これって、どうかなと。
この辺をハッキリさせて臨まないと、後々厳しくなりますよ


posted by KAZZ at 22:17 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。