2008年07月24日

鳥栖からDF借りてきた

この度、ガイナーレ鳥取に新しい選手が入ることになりました。

加藤秀典選手(サガン鳥栖)期限付き移籍のお知らせ(ガイナーレ鳥取公式)
加藤秀典選手 ガイナーレ鳥取に期限付き移籍(サガン鳥栖公式)

加藤秀典はDFで、主としてセンターバックをやっているようですが、
サイドバックなどもできる選手らしいです。
四日市中央工業高校から福岡大学を経てサガン鳥栖入りし、
以後、鳥栖一筋でプレーしていたため、
今回がプロとしては初めての移籍になります。

今回の一件、どうやらガイナーレ側から鳥栖に対してオファーが出たようです。

その辺を、サガン鳥栖公式サイトの記事にある、
加藤自身のコメントから探ってみたいと思います。

【本人コメント】

「突然の事ではありますが、ガイナーレ鳥取に期限付き移籍することを決断しました。
今年でサガン鳥栖に所属して5年目でチームも今昇格争いをしているという中で、最後まで皆と戦いたいという気持ちと、ガイナーレ鳥取からオファーを頂いてサッカー選手として勝負したいという間で非常に悩みました。
結論としては移籍を選んだわけですが、今は迷いも無いし自分の決断に自信を持っています。
ガイナーレ鳥取もJ2昇格に向けて必死になっていると思います。カテゴリーは違いますが、“昇格”という大きな目的のために自分の力を思いっきり出してきたいと思います。
急な移籍となり、サポーターの皆さんを驚かせて申し訳ありません。これからもサガン鳥栖と加藤秀典の応援をよろしくお願いいたします。
また、この移籍に理解をしてくださった岸野監督はじめスタッフ、選手、会社に心より感謝しています。」
(サガン鳥栖公式の記事から引用)


オファーが、加藤という選手を指名してのものなのか、
条件を提示したら合致したのが加藤だったのかは窺い知れませんが、
鳥栖の一員として、7月12日のvs横浜FC戦にも途中交代ながら出場しており、
少なくともオファーはこの試合以後に出た可能性があります。
(ちなみに、鳥栖は第27節で試合がありませんでした)

いろいろ悩んだ末に、鳥取への期限付き移籍を決断してくれたわけで、
これからしばらくは、鳥取の主力選手として
何処まで能力を発揮してくれるのか、非常に楽しみです。

また、今季たまたま空いていた背番号3をつけることになりましたが、
鳥栖時代も同じく背番号3だったので、
これはこれで良かったんじゃないでしょうか。


ともあれ、加藤秀典という新たな戦力を得て、
巻き返しを図りたい、ガイナーレ鳥取であります。
posted by KAZZ at 20:12 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。