2008年05月18日

大勝はしたものの・・・

JFL 2008 前期第12節
@とりぎんバードスタジアム
ガイナーレ鳥取51-01FC琉球
4-1
【得点】
15小澤竜己
24原島喬
15小澤竜己
14吉野智行

11秋田英義
時間
前21'
後00'
後08'
後15'
後20'
後29'
【得点】




15大河原亮
テクノラティ タグ:


<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発)
GK: 1井上敦史
DF:20冨山達行、 7戸田賢良、16小原一展、19田村和也
MF:10実信憲明、 4アドゥール、14吉野智行、24原島喬
FW:11秋田英義、15小澤竜己

(サブ)
GK:23太田弦貴、DF:31尾崎瑛一郎、 8中垣雅博、MF: 6小井手翔太、13堀池勇平、FW:27釜田佳吾、22増本浩平
(サブの出場なし)

<FC琉球のメンバー>
(先発・途中交代)
GK: 1野田恭平
DF:15大河原亮、 3三好拓児、 6栗田泰次郎(HT→17エメ・ラヴィ)
MF: 5澤口雅彦、 8中島俊一(後11'→10平松康平)、20高松健太郎(後27'→18中村友亮)、14林田光佑、 7秦賢二
FW:33山下芳輝、30デュド・ミヌング

(不出場サブ)
GK:92ライス・エンポリ、MF:19儀間康太、26鎌田安啓、FW:16黒田福太郎

<警告>
鳥)11秋田英義(前40'・繰返違反)、 4アドゥール(後19'・ラフ)
琉) 6栗田泰次郎(前15'・反スポ)

<退場>
鳥)なし
琉)なし

<審判団>
主審:穴井千雅、副審:小林久之・河井敏行、第4審:鳥越誠

<観客数>
2,083人

<ガイナーレ鳥取の2008年JFL成績(前期第12節終了時)>
4勝2分6敗 勝点14 得点20 失点16 得失点差+4 第12位

<試合概要(@ガイナーレ鳥取公式サイト)>
http://www.gainare.net/site/page/gainare/news/5018info/

<次節の対戦カード>
JFL前期第13節 vsFC刈谷(5/25 13:00 @名古屋港)


まあ、大量得点で勝ったってことはいいんですが、
それよりも解せなかったのは後半途中、特に後半30分を過ぎた辺りから。

相手のあまりの守備のお粗末さプラス前掛かりに出てきたことの作用で
4点のリードを得たことに安心したのか、
急にサッカーがスピードダウンすると共に、
交代投入された元清水の平松康平に好き勝手やられても
何らまともな抵抗すらできない守備陣を見ていたら、
どうにも違和感が消えなかったんですよ。

その時間帯には例によってカニ歩きみたいなパス回しが始まり、
途中までは見違えるほど動けていたはずの選手たちが、
打って変わって動きが緩まってしまう始末。

そんな中、平松がやたらと活発に動き回っているのを見て、
何度肝を冷やしたことやら。

だから、試合終了時に爆発するように喜んでいる周囲を見ても、
「それで本当に喜べるの?」という気持ちしか湧いてこなくて、
何だか別の世界に放り込まれちゃったような感じでした。

こんな風に、勝っても素直に喜べなかったなんて初めてのことですが、
考えてみれば、それだけ鳥取のマズい面を見てきてしまっているわけで、
まだたかだか4勝目では安堵なんてとてもできませんでした。

鳥取はこれまでに比べればよく動いていた方でしたが、
それでも前半にもうちょっと何とかできたはずなのに、僅か1点止まり。
前半、相手はショット1本で、こちらは9本も打ったのにですよ。
そんなバカなと思われるかもしれませんが、本当のことです。
(ちなみに後半は鳥取6、琉球5)

でまあ、後半バカスカと得点ラッシュになりましたが、
そんな中でも忘れずに(?)失点はする体たらく。
これも違和感の原因の1つかもしれません。

琉球は、要注意かと思っていたデュド・ミヌングが全然で、
山下はまあ悪くなかったものの、栃木時代よりやや怖さが薄れた印象で、
それよりも平松がとにかくフリーに動き回っていて、
そっちの方が断然怖かったですよ。

琉球に誤算があったとしたら、前半せっかく風上のエンドを取ったのに
それをまるで活かそうとしなかったこと。
もっと縦一本でドカドカ攻めてくるものだと思っていたら、
きれいにつなごうとでも思ったのか、そうした動きはまるでなく、
このおかげでかなり助かったとも言えます。

まあ、交代枠を1枚も使わずにゲームを終えた辺りに
ヴィタヤの新機軸を感じないわけでもありませんでしたが、
だからといって、根本的な問題は何も解決していないわけで、
この辺をうまく仕上げていかないと、まだ道程は遠いでしょう。


何にせよ、この試合の反動を最小限に食い止め、
且つこの試合で見せた勢いを持続、いや、増大させるためには、
今後1週間でどこまで自分たちを追い込んでいけるかが
最も重要なファクターになると感じます。

そのためには、全員がゴールへの意識をしっかり持って
今日の途中までのように動き回っていける力を付けることが
非常に重要なことだと思うんですが・・・。



・・・あと、試合後の万歳四唱。

あれは、いくらテレビ局との約束があったとはいえ、
(ちなみに当初の約束では四唱どころか十唱だったんですが)
止めといた方が良かったような気がしますけどね・・・。
posted by KAZZ at 23:56 | 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。