2007年12月16日

フリーフォームなミラン

FIFAクラブワールドカップ2007 決勝@日産ス
ACミラン
1 3
4
【得点】9インザーギ2(前21'、後26')、13ネスタ(後05')、22カカ(後16')
ボカ・ジュニアーズ
1 1
2
【得点】14パラシオ(前22')、Own Goal(後40')
テクノラティ タグ:


<ACミランのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1ジダ
DF: 3マルディーニ、 4カラーゼ、13ネスタ、25ボネーラ
MF: 8ガットゥーゾ(後20'→ 5エメルソン)、10セードルフ(後42'→32ブロッキ)、21ピルロ、23アンブロジーニ、22カカ
FW: 9インザーギ(後31'→ 2カフー)

(出場しなかったサブ)
GK:16カラッチ、29フィオーリ
DF:17シミッチ、18ヤンクロフスキ、19ファバッリ、27セルジーニョ、44オッド
MF:20グルクフ
FW:11ジラルディーノ

<ボカ・ジュニオルズのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:12カランタ
DF: 3モレル、 4イバラ、20マイダナ、29パレッタ
MF: 5バタグリア、15ゴンザレス(後22'→ 8レデスマ)、19カルドーソ(後23'→11グラシアン)、24バネガ
FW: 9パレルモ、14パラシオ

(出場しなかったサブ)
GK: 1ガルシア、25ミグリオーレ
DF: 2シルベストレ、 6カアイス、16クルポビエサ
MF:23ダトロ、27ベルトロ
FW:17ボセリ、21ブエノ

<警告・退場>
ミ)23アンブロジーニ(前22'・警)、22カカ(後17'・警)、 4カラーゼ(後32'・退)
ボ) 4イバラ(前40'・警)、 5バタグリア(後10'・警)、29バレッタ(後28'・警)、 8レデスマ(後43'・退)

<この結果>
ACミランが旧トヨタカップ時代も通じて17年ぶりに今大会優勝(4回目)。
ボカ・ジュニオルズは2003年以来の優勝を逃す。


正直、もっとタイトな試合になると思っていただけに、
これほど大差が付くことになろうとは考えてもいませんでした。

ただ、予兆らしきものはあったんですよね。

それは、インザーギをトップに入れてきたことでした。

浦和戦ではジラルディーノがトップを張ったんですが、
どうも何だかジラルディーノは動きが硬くて、
あんまりいい感じではなかったように思うんですよ。
トップフォームかどうかと言われると、「違うんじゃないか?」みたいな。

で、この試合ではインザーギが出てきました。

インザーギはこういう時にちゃんと仕事をする人だと思いますね。
自分が何をすればいいかをちゃんと知っていて、
そのことだけ頭に入れといて、仕事をする準備を怠らないんですから。
あれを単にベテランの味と言ってはいけません。

基本的に攻撃はそのインザーギと、カカ、セードルフ、
そしてピルロに任されていて、
味付けに来るのがボネーラとマルディーニでしたが、
攻撃の根底には常に「自由」があって、
ほぼインザーギら4人にお任せってな感じでした。
規制や束縛は最低限度しかなく、あとは彼らのアイディア次第。

対するボカは、若くチャレンジングな攻撃陣を揃えていたわりに、
何かこうもう一つハジケきれていないように思えました。
硬くなっていたのかもしれないし、ミランにあった自由度が
ボカにはそもそもなかったのかもしれません。

確かに、面白い攻撃は見せてましたし、見せ場も何度も作りましたが、
そのわりにミランを圧倒的に脅かしたわけでもなかったですね。

先制された直後に追いついた時は、ボカにも可能性を感じたのですが、
カカの駄目押し点で勝負あったなと感じました。
カラーゼの退場で盛り返すチャンスはあったと思うんですが、
その段階では既に3点のビハインドを喰らっていて、
ボカもちょっと厳しかったと感じたのではないでしょうか。
(それでも1点は返したのですから、これはこれで立派ですが)

ともあれ、ミランはその自由さで4得点を奪い、
ボカへのリヴェンジを果たすと共に、
久しぶりにこの大会で結果を出しました。

こうなると、あとはこの結果をベースに
低調なリーグ戦で何処まで巻き返せるかがカギなんですが・・・。

一方のボカは、これに懲りずにまたこの大会に出て、
今度は優勝できるようにチャレンジしてほしいところです。
posted by KAZZ at 22:36 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

浦和的(=オジェック的)なものの限界

FIFAクラブワールドカップ2007 3位決定戦@日産ス
エトワール・サヘル
1 1
2
【得点】13フレジ(前05'=PK)、 9シェルミティ(後30')
【PK戦】×○○× 2
浦和レッズ
1 1
2
【得点】21ワシントン2(前35'、後25')
【PK戦】○○○○ 4
テクノラティ タグ:


<PK戦(先攻は浦和)>
浦)21○ 22○  9○  3○ 4
サ)19×  2○ 26○ 18× 2

<エトワール・サヘルのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1マトルティ(後48'→27ジャウアチ)
DF: 2ゲザル、 4ファルヒ、11メリアフ、13フレジ
MF:18トラウイ、19ナフハ、20メリティ(後13'→ 7ジャー)、24ナリー
FW: 9シェルミティ、28ベンディファラー(後45'→26ベン・ナスル)

(出場しなかったサブ)
GK:16タベト
DF: 5ジャマル、 6ベジャウィ、15ヘミリ、21ベン・モハメド
MF:14サッコ
FW: 3ジェダイエド

<浦和レッズのメンバー>
(先発)
GK:23都築龍太
DF: 2坪井慶介、 5ネネ、22阿部勇樹
MF: 3細貝萌、 6山田暢久、13鈴木啓太、16相馬崇人、17長谷部誠
FW: 9永井雄一郎、21ワシントン

(サブ)
GK: 1山岸範宏
DF:12堤俊輔、19内舘秀樹、20堀之内聖
MF:14平川忠亮、27西澤代志也、30岡野雅行
FW:18小池純輝
(サブの出場なし)

<警告・退場>
サ)28ベンディファラー(前32'・警)、13フレジ(後42'・警)
浦) 2坪井慶介(前04'・警)、21ワシントン(後26'・警)

<観客数>
53,363人

<この結果>
浦和レッズが第3位。
エトワール・サヘルが第4位。


オジェック流、というか、オジェック的なフットボールの限界を見た感じです。

11人中、別人のようにテンションが高かったワシントン以外、
これという見せ場も作れないまま、90分を過ごしたように見えました。
サヘルの2点目なんか、元はと言えば守備陣の凡ミス中の凡ミスですし、
サヘルの先制点にしても、つまらないプレーでPKを献上しました。

浦和が勝てたのはワシントンがいたからで、
彼がいなければ浦和は確実に負けていましたね。
それぐらい酷い試合でした。

オジェックが目指そうとしたものは、
堅守をベースに機を見て分厚く攻め込むサッカーだと思うんですが、
その起点となるポンテを直前に故障で欠き、
長谷部をトップ下に置いてやり過ごそうとはしたものの、
通用したのはセパハンまで。ミランには全く通用せず、
サヘル相手にもあんまり通じなかった。
選手層の薄さにも起因する部分がありましたが、
それにしてもどうやら、今のオジェック流には限界が見えてきました。

そのオジェック流を構成する選手のうち、
ポンテは残ってくれそうですが、
そのポンテだって開幕から出られるわけではありません。
まして、来季はワシントンという頼れる主砲を欠くわけで、
代替選手が誰であろうと、苦しいことには違いありません。

この試合は、天皇杯での愛媛戦終了後の鈴木啓太の言葉を借りるなら、
来季への「警告」と受け止めるべき試合でしょう。
その「警告」に、浦和はどう応えてくるのか、ですね。
posted by KAZZ at 22:27 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。