2007年11月25日

もう頭の中はオフシーズンなのか?

JFL後期第16節@市原臨海
ジェフリザーブズ21-11ガイナーレ鳥取
1-0
【得点】
9河野将吾

10堀川恭平

【警告・退場】




【選手交代】
18竹田忠嗣→7河野太郎
31金沢亮→10堀川恭平
14野澤和良→15入江利和




【選手】
(先発)
1瀧本雄太
38山中誠晃
5宇野勇気
6小沼純矢
14野澤和良
18竹田忠嗣
22野澤健一
20蓮沼剛
2鳥養祐矢
9河野将吾
31金沢亮

(サブ)
17上野拓也
15入江利和
26安川洋介
7河野太郎
10堀川恭平
23渡邊健雄
29海野将光
時間
前29'
前42'
後40'

時間
前39'
後21'
後39'

時間
後11'
後24'
後29'
後35'
後35'
後42'
【得点】

31秋田英義


【警告・退場】
19田村和也(警)
13堀池勇平(警)
22増本浩平(警)

【選手交代】



13堀池勇平→11西村英樹
27釜田佳吾→24徐暁飛
8中垣雅博→30畑野伸和

【選手】
(先発)
1井上敦史
22増本浩平
7戸田賢良
15徐晩喜
19田村和也
8中垣雅博
14川田和宏
10実信憲明
13堀池勇平
27釜田佳吾
31秋田英義

(サブ)
21修行智仁
3山村泰弘
24徐暁飛
2安東利典
11西村英樹
30畑野伸和
26ヴィンセント・ケイン
テクノラティ タグ:


<得点>
ジ) 9河野将吾(前29')、10堀川恭平(後40')
鳥)31秋田英義(前42')

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1井上敦史
DF:22増本浩平、 7戸田賢良、15徐晩喜、19田村和也
MF:10実信憲明、14川田和宏、 8中垣雅博(後42'→30畑野伸和)、13堀池勇平(後35'→11西村英樹)
FW:31秋田英義、27釜田佳吾(後35'→24徐暁飛)

(出場しなかったサブ)
GK:21修行智仁、DF: 3山村泰弘、 2安東利典、FW:26ヴィンセント・ケイン

<警告・退場>
ジ)なし
鳥)19田村和也(前39'・警)、13堀池勇平(後21'・警)、22増本浩平(後39'・警)

<JFL今季成績>
10勝9分14敗 勝点39 得点42 失点50 差−8 第14位(暫定)
データに不明な点が多々ありますので、公式記録UP後に追記します 07/11/27 21:07 追記済)


2年前にバードスタジアムで行われた天皇杯5回戦で、
ジェフ千葉とセレッソ大阪の試合がありました。
その試合でジェフはセレッソに2−5で大敗したんですが、
試合後に、当時のジェフの監督だったイビチャ・オシムが取材に答えて
「ジェフの選手たちの中には、既にオフシーズンだと思っている者がいる」
という名言を吐いたのを、今もよく覚えています。

なんでこういう話を前振りに持ってきたかというと、
今日の試合が、どうもそういう様相だったらしいからなんです。

当然、試合なんぞ観に行っていないんですが、
現地で見た人の話を総合するに、
例によってグダグダっぽい感じだったようです。

いやね、目標達成が不可能なのはわかりますよ。
それで、言うなれば消化試合を戦わなければならないという
モチベーションが非常に保ちにくい状況なのもわかります。

でも、ガイナーレを応援する人たちが、
大好きな選手たちのそんな光景を見たいと思いますか?
勝つ気はあっても態度に表れない、そんな状態を見て
応援する人たちが喜ぶと思いますか?

そんなの、違うでしょ?

たとえ消化試合であっても、確実にシーズンは進み、
そしてまた来季はやって来るんですよ。
だったら、来る次のシーズンに少しでも何かを積み重ねるべく
残る試合に課題を持って臨んでくれませんか?
で、奮闘努力して勝ってくれませんか?

ガイナーレは、おっとりし過ぎなんですよ。
もっとがむしゃらにやっていいんです。
相手にワイルドに牙を剥いて、厳しくいっていいんです。
プロなんだもの。サッカーでメシ喰ってるんだもの。
それぐらいは、やって当たり前なんですよ。

次のソニー仙台戦が今季最終戦ですが、
これまでにないほど力の入ったガイナーレってのを
七ヶ浜から発信してやってくださいよ。

それができる可能性を持ってる人たちだからこそ、
我々はガイナーレを応援するんですから。
可能性があるのに何もしないなんてのは、なしにしてくんないと、
損をするのは自分たち自身なんですよ。
posted by KAZZ at 20:53 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク

またここから、始めればいい

Jリーグディヴィジョン2 第51節@平塚
湘南ベルマーレ11-12アビスパ福岡
0-1
【得点】

11石原直樹


【警告・退場】




21尾亦弘友希

2斉藤俊秀

【選手交代】


30山口貴弘→14永里源気
13鈴木将太→19外池大亮

【選手】
(先発)
25金永基
30山口貴弘
3ジャーン
2斉藤俊秀
21尾亦弘友希
13鈴木将太
6田村雄三
8坂本紘司
24加藤望
7エドワルドマルケス
11石原直樹

(サブ)
1伊藤友彦
22松本昂聡
14永里源気
20原竜太
19外池大亮
時間
前10'
前44'
後41'

時間
前21'
前30'
後08'
後23'
後33'
後34'
後42'

時間
HT
後24'
後32'
後44'
【得点】
11田中佑昌

3アレックス

【警告・退場】
8チェッコリ
5長野聡
15城後寿
20山形辰徳

18山形恭平


【選手交代】
8チェッコリ→20山形辰徳
7宮崎光平→18山形恭平

9リンコン→10久藤清一

【選手】
(先発)
1神山竜一
2宮本亨
5長野聡
13柳楽智和
8チェッコリ
11田中佑昌
7宮崎光平
15城後寿
16久永辰徳
3アレックス
9リンコン

(サブ)
30六反勇治
20山形辰徳
18山形恭平
10久藤清一
35長谷川悠
テクノラティ タグ:


<得点>
湘)11石原直樹(前44')
福)11田中佑昌(前10')、 3アレックス(後41')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:25金永基
DF:30山口貴弘(後32'→14永里源気)、 3ジャーン、 2斉藤俊秀、21尾亦弘友希
MF:13鈴木将太(後44'→19外池大亮)、 6田村雄三、 8坂本紘司、24加藤望
FW: 7エドワルドマルケス、11石原直樹

(出場しなかったサブ)
GK: 1伊藤友彦、DF:22松本昂聡、FW:20原竜太

<警告・退場>
湘)21尾亦弘友希(後33'・警)、 2斉藤俊秀(後42'・警)
福) 8チェッコリ(前21'・警)、 5長野聡(前30'・警)、15城後寿(後08'・警)、20山形辰徳(後23'・警)、18山形恭平(後34'・警)

<審判団>
主審:砂川恵一、副審:山口博司・大塚晴弘

<2007年J2戦績>
23勝8分16敗 勝点77 得点71 失点53 差+18 第6位

<現時点での3位との差>
3位到達の可能性はなくなりました。


京都も勝って、結果的にJ1昇格の目は全く消えました。
やはり簡単に奇跡は起きてくれなかったようで、残念です。

ただ、奇跡を起こせる下地を作ることができた、
という意味に於いては、実に実りあるシーズンだったと思います。
ここまでやれたなら、来季は更に上を目指せるんじゃないか、
という期待に胸が膨らんでくるようです。

ここまで楽しみを引っ張ってきてくれたことについて、
ベルマーレの選手たちや菅野監督をはじめとするスタッフの皆さんには
感謝以外の感情が浮かんできません。

ただ、まだ今季はあと1つ試合を残しています。
アウェイの愛媛戦です。
これをしっかりと勝って、その上で来季につなげようじゃありませんか。

ベルマーレの来季への見込みが洋々としたものとなるためにも、
12月1日の愛媛戦は非常に大切なものになります。

そして、来季を更に充実したシーズンとするためには、
またここから新たな戦いを始めればいいのです。
そう、もうベルマーレにとっての来季は既に始まっているんです。

最後まで、気持ちを込めて戦いましょう。
そうすれば、来季に必ず生きてきます。
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク

第31回全国地域リーグ決勝大会GL最終日

さて、本日で決勝ラウンド進出チームが出揃いました。

<グループA@広島>
ファジアーノ岡山 3−1 ホンダロック

<グループB@広島>
ニューウェーブ北九州 1−0 NECトーキン

<グループC@刈谷>
FC町田ゼルビア 6−0 ノルブリッツ北海道
バンディオンセ神戸 3−1 静岡FC

<グループD@松本>
FCセントラル中国 0−6 徳島ヴォルティス・アマチュア
FC Mi−OびわこKusatsu 2−0 松本山雅FC


以上により、以下の4チームが決勝ラウンド進出です。

A:ファジアーノ岡山(中国)
B:ニューウェーブ北九州(九州)
C:バンディオンセ神戸(関西)
D:FC Mi−OびわこKusatsu(全社・関西)

さて、これを踏まえて11月30日から熊谷で行われる
決勝ラウンドのカードも決まりました。
これも3日がかりで行われるリーグ戦です。

<11/30>
【19】ファジアーノ岡山 vs ニューウェーブ北九州(11:00)
【20】バンディオンセ神戸 vs FC Mi−OびわこKusatsu(13:15)


<12/01>
【21】ファジアーノ岡山 vs バンディオンセ神戸(11:00)
【22】ニューウェーブ北九州 vs FC Mi−OびわこKusatsu(13:15)


<12/02>
【23】ファジアーノ岡山 vs FC Mi−OびわこKusatsu(11:00)
【24】ニューウェーブ北九州 vs バンディオンセ神戸(13:15)



場所はいずれも埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場です。


個人的に、松本山雅の敗退は予想外でした。
あとは概ね順当かと。

それにしても、島根県から勇躍参戦したはずのFCセントラル中国でしたが、
こらまたヒドいもんです。
初戦がMi−Oに1−9、2戦目が松本山雅に0−4、
そして今日が徳島アマに0−6ですか。
3試合で19失点というのも、すごいものがあります。
確か2戦目ではGKが退場させられたと聞いてますが、
それがなくてもドカ負けしてそうな感じですね。

セントラルが何処まで本気で上を狙ってるのか知りませんが、
この様子では、まだまだ先は長いような気がしますね。
posted by KAZZ at 19:38 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。