2007年10月16日

亀田ラプソディの終焉

ボクシング 亀田大毅、1年試合禁止 JBC処分(Yahoo!JAPAN/毎日新聞)
亀田一家に協栄・金平会長「ジムとしても処分する」(Yahoo!JAPAN/産経新聞)
協栄ジム金平会長もライセンス停止処分(Yahoo!JAPAN/日刊スポーツ)
亀田父が大毅の「1年間出場停止」に不満(Yahoo!JAPAN/日刊スポーツ)


今更感はありますが、亀田問題。

亀田大毅自身に問題があるのは言うまでもないことですが、
周囲、例えば親父や興毅らにも問題がありますし、
もっと言えば、協栄ジムやTBSにも問題が多々あります。

いったい、亀田ブームってのは何だったんでしょうか?

亀田家とTBSが作り上げた砂上の楼閣だったのか、
あるいは、あまりにもわかりやすいキャラクターであったが故に
(何だか、ガチンコファイトクラブみたいだったでしょう?)
必要なところをどんどんすっ飛ばして勝手に暴走した
ただのイメージの塊だったのか。

いずれにしても、ああいう形でブームが雲散霧消したというのは、
それまでの盛り上げ方に無理がありすぎたが故のことだったと
思わざるを得ないのかもしれません。

虚飾のチャンプなんぞ、要らんのですよ。
本物のチャンプが見たいんです。

その意味で、もう亀田一家は用無しだなと感じます。
亀田ラプソディに終止符を打って、
ファンがしっかり納得できる人物をこそ
チャンプとして世に問うていくことが、
今後のボクシング界に課せられた義務だと思うんですよ。

亀田一家の存在は、虚像が如何につまらないものかを
改めて証明したんじゃないでしょうか。
posted by KAZZ at 19:56 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。