2007年07月15日

風と共に去りぬ

第41回中国社会人サッカー選手権準々決勝Aブロック第1試合@浜山陸

ファジアーノ岡山 1(0−1,1−1)2 マツダSC
(マツダSCが準決勝進出し、佐川急便中国SCと対戦)


というわけで、本日はこのような試合を観てきました。
鳥取でのナイトゲームの翌日に
何たる物好きなと思う方もいらっしゃるでしょうが、
近所での開催でなければ行ったりしません。

実は前日(14日)にもファジアーノの試合を観る機会はあったんですが、
(vs松江RM友の会。この選手権の1回戦)
雨天の中では観戦環境が良くない場所での試合だったので、
早々に切り上げて鳥取に向かったわけで、
その意味でも今日はちゃんとファジアーノを観ておこうと思った次第です。

・・・が、自宅を出た段階から既に風が吹き始め、
雨もこれに乗って、小雨ながら激しく吹き付ける有り様。
当初、浜山陸上競技場ではなく、
隣接の浜山球技場で試合があると思っていたので、
もしもそこで試合があったら、すぐに帰っていたと思います。

さて、そんなこんなで試合は50分程度遅れて始まりました。

ファジアーノ岡山のスタメンは以下の選手たちです。

GK:23李彰剛
DF:15重光、25丸谷、37大島、38三原
MF: 3玉林、10川原、11弦巻(後半途中→22臼井)、28小野
FW: 9喜山、39ジェフェルソン(後半途中→8中川)

コイントスで風下を取らされたファジアーノは、
折からの強風と、水浸しのピッチコンディションに苦しみます。
ロブ気味に上げたパスはことごとく押し戻され、
グラウンダーのパスをつなごうとするとボールが止まります。

序盤、ファジアーノのGK李がボールをキャッチした直後、
不用意にこのボールを近くのDFに転がして渡そうとしたところ、
ボールが止まってしまい、近くにいたマツダSCの選手が寄ってきて
あわや1点献上かというシーンがありました。

というように、水含みで重いピッチに悪戦苦闘する様子は、
前夜の鳥取での試合模様を思い起こさせるものでした。
しかし、前夜の鳥取と決定的に違ったのは、風でした。

競技場の北側から猛烈に吹いてくる風のせいで、
ロビングの球は全て押し戻されてしまいます。
前半の何処かで、ジェフェルソンが蹴ったボールが
ゴールラインを割ったあと急激に押し戻され、
ピッチ内にバナナシュートの如く戻ってきた、なんてこともありました。

ともかく、悪天候に手を焼いたファジアーノは、
攻撃の糸口をなかなかつかめない状態が続きました。
そうこうするうちに、ファジアーノ陣内ペナ近辺で
ファジアーノのDFがファウルを犯し、相手にFKを与えました。
そして、そのFKは意外と風に乗って伸びていき
そのままファジアーノゴールに突き刺さってしまいました。
これでマツダSCが先制します。

せっかくのジェフェルソンという存在がありながらも、
これを全然活かせないファジアーノは、結局前半を0−1で折り返します。

後半、最初のうちは風雨とも強かったんですが、
まず雨が止み、次いで風も収まってきました。
風上で意気揚々と攻め込むはずが、いきなり風という武器を奪われ、
手塚監督は高さのあるジェフェルソンとテクニックのある弦巻を諦め、
臼井・中川という2選手を入れてきました。

しかし、弦巻はともかくジェフェルソンを下げたのは
ハイボールを攻撃に結びつけるという点ではマイナスだったような・・・。

ともかく、この交代と前後して、背負ったビハインドを取り戻すべく、
ファジアーノは猛攻撃を仕掛けていきます。
しかし、ゴールが決まってくれません。
ざっと見ていただけでも4〜5回、
あるいはもっとあったであろう決定機を
焦りからか何かは知りませんが、全て外してしまいました。
防戦一方のマツダでしたが、この時間を耐えきったことは大きかったです。
(ちなみにマツダはこの間に警告2枚での退場者を1名出しています)

そして試合終盤、再度ファジアーノ陣内のペナ近辺で
ファジアーノの選手が反則を犯し、与えてしまったFKを
マツダの選手が半ば強引にねじ込んで追加点を取られました。

ファジアーノの壁は2枚立っていたんですが、
この2枚の壁の間を割るようなFKで、GK李もこれは防げません。
マツダのFKがお見事といえばそれまでなんですが、
もう1〜2枚、壁がいても良かったように思いました。

直後にファジアーノも意地を見せ、
最後は重光が押し込んで1点差にしましたが、反撃もそこまで。
マツダSCが少ないチャンスを見事にものにして
ファジアーノ岡山を下しました。

ファジアーノにとって、勝利が「風と共に去りぬ」てなもので、
悪天候に翻弄されたという意味では、やや不運だったとは思いますが、
ジェフェルソンを比較的早い段階で諦めた判断は
果たして正しかったのか、という点なども含めて、
少し物足りない感じを覚えてしまいました。

また、後半の猛攻の中で1点取れていれば
もうちょっと違った展開もあったような気がするんですが、
これらを1つも決められなかった勝負弱さにも問題がありそうです。
(起因するものは、焦りや不運など多々ありそうですが)

マツダの方は無理をせず、しのぐところはしっかりとしのぎ、
少ないチャンスを確実に活かし、セットプレーで加点できたことが
非常に大きな勝利の要因となったように思います。

ファジアーノがもう一段上を目指すためには、
特殊な状況下でも自分たちを見失わずに戦えるような
精神的タフネスを身に着けた方がいいような気がします。
今日の試合では、その辺が少し足りない感じもしました。

ちなみに、ファジアーノのサポーターは6名程度来場されてて、
うち4名(男性×3、女性×1)が応援をされてました。
終始熱意のある応援態度で、終了後には相手にエールも送り、
実に清々しい印象を持ちました。


続きを読む
posted by KAZZ at 23:47 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

ROLL OVER YKK AP

JFL後期第3節@バード

JFL後期第3節@バード
ガイナーレ鳥取32-11YKK AP
1-0

19田村【得】
27釜田【得】
7戸田【警】


30畑野【警】

17鶴見【得】


30畑野→2安東【替】
11西村【警】
18樋口→16青柳【替】
8中垣→13堀池【替】
前02'
前02'
前05'
前24'
前39'
前42'
前44'
HT
後08'
後14'
後29'
後33'
後33'
後39'
後42'
後44'
【警】6濱野



【警】13長谷川
【得】7朝日

【替】9北野→14猿田

【替】15瀬戸→16景山
【替】7朝日→20木村




【警】16景山


<得点>
鳥)19田村(前02')、27釜田(前05')、17鶴見(後08')
Y) 7朝日(前42')

<ガイナーレ鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1井上
DF:11西村、 7戸田、19田村、18樋口(後39'→16青柳)
MF:30畑野(後33'→ 2安東)、 8中垣(後42'→13堀池)、14川田、17鶴見
FW:22増本、27釜田

(出場しなかったサブ)
GK:21修行、MF:10実信、FW: 4下屋敷、26ケイン

(フォーメーション表)

ガイナーレ鳥取のスタメン
  増本浩平  
釜田佳吾 鶴見聡貴
川田和宏 畑野伸和
  中垣雅博  
樋口大輝 西村英樹
田村和也 戸田賢良
  井上敦史  


<警告・退場>
鳥) 7戸田(前24'・警)、30畑野(前44'・警)、11西村(後33'・警)
Y) 6濱野(前02'・警)、13長谷川(前39'・警)、16景山(後44'・警)

<JFL今季成績>
6勝6分8敗 勝点24 得点24 失点27 差−3 第12位(暫定)

<現時点での第4位と、その差>
第4位:YKK AP 勝点差 −11(暫定)


あんな水浸しのピッチで試合する両者の心境とは・・・。
でもまあ、一風変わったサッカーが観られたとは思いました。

YKKは持ち前の攻撃力を水含みのピッチにかなり削がれていたようで、
この面ではほぼガイナーレに恩恵があったと言えそうです。

ただ、失点場面は逆に水含みのピッチが
ガイナーレに災いしてしまったとも言えるのですが、
これは両者イコールコンディションなので、
単に運が悪かっただけとも言えるような気がします。

戸田のDF復帰は、まずまず無難な出来だったと言えますが、
DFリーダーがいなくても向こうが勝手に自滅してくれたので、
その意味ではこの試合はそれほど・・・。

むしろ、累積警告による出場停止で戸田が出られない次節をこそ
どうするのかが見物と言えそうです。

あと、畑野。
もういい加減、この人を選手起用するのは止めた方がいいのでは。
最初に1つそれなりの仕事をしたことに安心したのか、
(早い段階で鶴見にスルーパス。でも、それだけ)
それ以降引っ込むまで貢献度がなかったというのは・・・。
彼が占有している1枠を他に回せばいいのに、と思うんですがね。

ま、次は佐川急便が相手です。
今回みたいにピッチが味方してくれるとは限りません。
次こそ正念場でしょう。
posted by KAZZ at 02:45 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク

17対9→0−1

Jリーグディヴィジョン2第28節@群馬陸

Jリーグディヴィジョン2 第28節@群馬陸
ザスパ草津00-11湘南ベルマーレ
0-0
6鳥居塚【警】
30松下【警】

17秋葉【警】

20松浦→32奥山【替】
3尾本→15桑原【替】

17秋葉→14佐藤【替】
前03'
前29'
前37'
後12'
後16'
後23'
後28'
後34'
後35'


【得】11石原

【替】24加藤→14永里
【替】9梅田→20原

【替】11石原→5中里


<得点>
草)なし
湘)11石原(前37')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:25金
DF: 6田村、 3ジャーン、 2斉藤、21尾亦
MF:10アジエル、15北島、 8坂本、24加藤(後16'→14永里)
FW: 9梅田(後23'→20原)、11石原(後34'→ 5中里)

(出場しなかったサブ)
GK: 1伊藤、MF:13鈴木将

<警告・退場>
草) 6鳥居塚(前03'・警)、30松下(前29'・警)、17秋葉(後12'・警)
湘)なし

<審判団>
主審:山西博文、副審:木島 栄・前之園晴廣

<2007年J2戦績>
13勝3分10敗 勝点42 得点41 失点28 差+13 第5位(暫定)


タイトルの意味なんですが、
「17対9」というのはこの日の両者のショット数です。
ちなみに、17が草津、9が湘南。
そして「0−1」は、この試合のスコア。
唯一得点したのは湘南ベルマーレの石原直樹。

数字上では草津が攻め込んでいたようですが、
終わってみると、勝ったのは湘南ベルマーレの方だった、という。

ま、こういう試合を勝ちに結びつけることが重要ですから。
連勝できて良かったと思いますよ。
posted by KAZZ at 02:05 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。