2007年07月08日

第12回島根県サッカー選手権決勝

FCセントラル中国 4(2−0,2−0)0 石見FC
(FCセントラル中国は同大会4連覇。その結果、天皇杯に4回連続の出場決定)

 現在、この大会3連覇中のFCセントラル中国に、かつては7連覇を遂げたこともある石見FCが挑む、という図式の試合でした。
 セントラルは現在、中国社会人リーグで上位につけている強豪。一方の石見は現在、島根県社会人リーグ1部。以前ほどのクオリティには欠けるものの、今大会では浜田FCコスモスや大社高等学校を破って、実力の程を見せつけた印象です。

 そんな両者の対戦でしたが、試合の方は思った以上にセントラルのペースになってしまいました。
 石見は昨日の大社高戦でいろいろ使い果たしたらしい印象で、たまに見せ場を作ろうとするものの、うまいことセントラルにいなされ、押し返されるような感じでした。
 対するセントラル。こちらも昨日試合をしており、決して調子がいいというわけでもなかった(というより、島根県協会はこの日程を何とかしてほしい)のですが、それでも徐々にペースをつかんできます。
 流れるようにセントラルが先制点を決めると、いよいよセントラルのサッカーは強かになった印象で、石見の単調な攻めを寄せつけません。逆に、石見がもう少し手段を多く持っていたら、セントラルも苦しんだかもしれないのですが、そうでなかったことでセントラルはかなり助かったようにも思えます。
 前半もう1点追加して、セントラルの攻勢はますます強くなってきました。セントラルは、基本的にフィールドを幅広く使うことを心掛けていたようで、その辺はよくできていたと思います。
 守備面でも渥美を中心に手堅い印象で、石見がそれほどハードに来なかったこともあって、落ち着いた守りが目立っていました。

 後半も、暑さと疲労で脚が止まり気味の石見に対して、自分たちのペースを守って攻撃を仕掛けるセントラルが、ほぼ独壇場という感じで、流れるような展開から更に2得点追加して、勝負を決めました。
 最後はセントラルも幾分ペースを落として流し気味に試合を進めてきましたが、それでも石見はセントラルのゴールに迫りきれず、そのままタイムアップし、セントラルの4連覇がなりました。

 とはいえ、通常ですとセントラルの攻撃の核弾頭としてチームを引っ張っていくはずの佐伯周次郎(FW・#18)が、この試合ではもう一つだなという印象を受けました。
 この試合ではわざと一歩引いて他の選手を活かすことを心掛けていたのか、あるいは佐伯自身の調子が悪かったのか、そこはわかりませんが、少し気になる佐伯の様子でした。

 しかし、それにしても、チームのまとまりは良いようで、調子が決して良いとは言えないなりにしっかりまとめてきたということから見て、これまでにないチームの成熟を感じます。
 来るべき天皇杯に向けて、何処まで調子を上げていけるかが重要になるでしょう。そうすれば、とりあえずの目標となる3回戦進出も夢ではないはずです。



ということで、天皇杯島根県代表はFCセントラル中国に決まりました。
9月16日の1回戦で、和歌山県代表との対戦が決まっています。
会場は益田市の島根県立サッカー場。13時キックオフ予定です。

FCセントラル中国の皆さん、おめでとうございました。
posted by KAZZ at 20:05 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 山陰のサッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。