2007年02月21日

一夜明けて

Jリーグ:栃木SC、ガイナーレ鳥取の準加盟を承認(毎日新聞)
サッカー:Jリーグ ガイナーレ鳥取、準加盟果たす JFL2位以内誓う /鳥取(毎日新聞)
ガイナーレ鳥取のJ準加盟認定(山陰中央新報)
ガイナーレ鳥取J準加盟 これからが正念場(山陰中央新報)

さて、昨日も書いたようにガイナーレ鳥取は
めでたくJリーグ準加盟を承認してもらえました。
まずは1つ目のステップをクリアしたわけですが、
当然、まだこれで終わりというわけではなくて、
むしろこれから、やるべきことが山積していると言えそうです。

差し当たって大事なことは、Jリーグ側が提示している
年間4位以内という成績目標をクリアすること。

同じように準加盟組である栃木(こちらは鳥取と同日に決定)や
ロッソ熊本(既に昨年承認済み)などは
このオフにドカドカと選手を獲得しまくり、
準備万端の様相を呈しています。

もちろん、選手を徒に多く獲得すればいいというものでもなく、
集めた選手を使いこなしきれずに瓦解を生むなんてことだって
可能性としては十分にあり得ることですが、
翻ってガイナーレ鳥取を見てみると、
旧チームから15人を引き継ぎ、新加入が8人。
合計23人というのは、昨年に比べて2人減と
やや淋しい感じのする数字ではないかと。

もちろん、的確な補強ができていれば
それに越したこともありませんが、
守備面はともかく前線に競争がほしいなという
そんな気がしますね。
中盤・最終ライン・GKは
概ね理想的な補強ができたと考えてもいいのでしょうが、
問題は前線ですよね。
ここにもう少し厚みがほしいような。

前線に厚みが出てくると、相手にとっては脅威ですよ。
昨季大活躍の内山を軸に、一昨年大活躍の増本、
地元のベテラン・小林、同じく地元の新人・釜田と
前ができる選手はいますが、ここにもう1枚
インパクトのある選手がほしいところです。
そういう選手がいるだけで、相手の印象も違ってきますからね。

ま、好き勝手なこと言ってますが、
我々サポにできることと言ったら、
ガイナーレ鳥取に1つでも高く浮上してもらうために
昨季まで以上に熱い声援を送り、
全力で後押しすること以外にないわけでして、
そのためにも皆さんの御協力は不可欠です。

ぜひ我々も含めたみんなの力で選手たちを奮起させて、
ガイナーレ鳥取をJに行かせてやろうじゃありませんか。
今季は1つ、皆さんの強力なパワーを
ガイナーレ鳥取にお貸しください。

よろしくお願いします。
posted by KAZZ at 20:50 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

最近身動き取りにくい理由

ま、個人的なことなんで、畳んで書くことにします。

興味のある方だけお読みください。


続きを読む
posted by KAZZ at 20:28 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。