2007年01月31日

九州方面からいらっしゃい&チーム始動

樋口大輝選手(福岡大学)新加入のお知らせ(SC鳥取公式)

熊本県八代の出身らしいですね。
ポジションはDFで、本人コメントにもあるように
左サイドが樋口の主戦場みたいです。

彼の地元のロッソ熊本ではなくSC鳥取を選んでくれたというのが
何だかいいんじゃないでしょうか。

サイドの選手というのは、SC鳥取のこれまでの戦いに於いては
キーパースンになりやすい立ち位置なんですが、
この樋口君もそういう系譜を受け継ぐ選手になるんでしょうか。
プレーぶりを見てみないことには何とも言えないのですが、
この活きの良さそうな新人選手にも大いに期待しましょう


で、ちなみに明日新生SC鳥取始動の日であります。

2月1日 新チーム始動開始日について(SC鳥取公式)

明日は↑のようなスケジュールで動くようですね。

2月のスケジュール(SC鳥取公式)

で、↑が2月度のスケジュール。

月の半ばには約1週間の予定で長崎県雲仙でのキャンプがあります。
このキャンプ期間中にロッソ熊本やV・ファーレン長崎などと
練習試合を行う予定
になっています。

また、25日には岡山市の桃太郎スタジアムに於いて
愛媛FC(J2)と三菱水島FC(JFL)を交えた練習試合が
予定されている
ようです。

それ以外は練習を中心に「復活!公園遊び」イベントなども行われます。

恐らく今季は自らを相当に追い込むシーズンになると思いますが、
ぜひこの1ヶ月を充実させてシーズンに突っ込んでいってもらいたいですね。
posted by KAZZ at 19:57 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月30日

Windows Vistaの(作られてるかもしれない)狂騒曲

Windows Vista深夜発売レポート【ヨドバシAKIBA編】〜Windows VistaはこれからのPCの礎となる製品(impress watch)
Windows Vista深夜発売レポート【ビック有楽町編】〜「Vista搭載機をすでに予約」と真鍋かをりさん(impress watch)


未だにXPのSP1を使ってるような私が言うのもアレですが・・・



深夜にわざわざ列をなしてまで

買いに行くようなもんですか?




まだXPで十分やれますがな・・・。
posted by KAZZ at 21:18 | 島根 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | PC・ソフト このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月29日

数日で一気にアップグレードしたSleipnir

フェンリル、“v1.66”のデザインに限りなく近づいた「Sleipnir」v2.5を公開(窓の杜)

え〜、つい先日2.5.0が出たばかりですが、
既に2.5.2がUPされていたりします。

そんなSleipnirなんですが、
スキン変更で再起動を要求されるというのがどうにも・・・。

あと、Advancedというデザインテンプレートは要るのか?という気が・・・。

文句があるとすれば、そこだけですね。
あとは、いつも通り上質な使い勝手ですよ。

Sleipnir 2.5.2は、こちらからダウンロードできます。
(または、右サイドバーの大きめのバナーからSleipnirのトップページに行ってもいいです)
posted by KAZZ at 20:36 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ソフト このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月28日

大分さんが選手を貸してくれました

川田 和宏選手 SC鳥取(JFL)へ期限付き移籍のお知らせ(大分トリニータ公式)

てなわけで、大分トリニータさんから
またしても選手を借り受けたSC鳥取であります。

今回はMFの川田という選手を貸してくれたようです。
経歴は国見高→福岡大→大分、ということですね。
どんな選手なのでしょう。
イマイチ、イメージが湧かない選手ですが、
昨季ちょっとだけ借りていた梶原公のように
若手の活きのいい選手らしいことは窺えます。

中盤の選手ということで、激戦区だと思いますが
頑張ってレギュラー獲ってほしいもんですね。


以下、戯言なんで畳んどきますか。



続きを読む
posted by KAZZ at 21:50 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月27日

視察

J常務理事らがSC鳥取関連施設視察(山陰中央新報)

SC鳥取が先日J準加盟申請を果たしたということで、
Jリーグ事務局のお偉いさんたちが施設の視察に来てたみたいです。
バード、布勢、東山陸の3競技場とチームの事務所などを
視察して回ったようですね。

理事会は来月20日ということで
その事前調査の目的があったようです。

とりあえず好感触は得られたようですが・・・。
posted by KAZZ at 20:49 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月26日

そして、新ユニが決まりましたが・・・

ベルマーレの今季用新ユニです。

え〜、まずは胸スポから。

2007シーズン ユニフォーム胸スポンサー 学校法人産業能率大学 継続決定(湘南ベルマーレ公式)

今年も産能大が引き続いて胸スポの位置に納まりました。
ただ、ロゴが変化しましたね。
漢字オンリーのロゴから、ローマ字を含むものに変わっています。

そして、新ユニなんですが・・・

2007ユニフォームサプライヤー「A-LINE」決定のお知らせ(湘南ベルマーレ公式)

昨季のPIKO(クリムゾン)から、
イタリアが本拠のA−LINEにサプライヤーが変わりました。

さて、デザインなんですが、ライトグリーンが復活しましたね。

なんていうか・・・、1stユニの前面が若葉マークみたいに見えるんですけど・・・

でもまあ、これはこれでいいんじゃないでしょうか。
posted by KAZZ at 20:54 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

今季の日程

2007 Jリーグディヴィジョン2 日程(湘南ベルマーレ公式)

というわけで、日程が決まったんですが、
頭3節にいきなり強敵がひしめいておりますな。
(仙台、京都、C大阪)

もちろん、それ以降も気の抜けない相手との戦いが続きます。

気をつけておきたいのは、第1クール終盤から第2クール序盤ですかね。
(4/22の水戸戦〜5/12の愛媛戦辺り)
途中に福岡という強敵もいますし、油断できないリーグ戦の中でも
とりわけ注意が必要な期間だと思います。

まあ、何処と戦うにしてもそうなんですが、油断と慢心は厳禁です。
しっかりと戦って、結果を残すことが今季最重要の使命です。
posted by KAZZ at 20:46 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月25日

FC琉球と練習試合

練習試合@恩納村 赤間運動公園(沖縄県)

湘南ベルマーレ 6(3−1,3−1)1 FC琉球

<得点>
湘)柿本(23')、鈴木伸(37')、原(38')、鶴見(72')、永里(82')、山口(86')
琉)當間(8')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(前半)
GK: 1伊藤
DF: 4村山、17冨山、29鈴木伸
MF: 8坂本、15北島、24加藤、31猪狩
FW:11石原、20原、32柿本

(後半)
GK:27濱崎
DF:19外池、30山口、34川股
MF: 5中里、14永里、13鈴木将、26鶴見、33林、28中町
FW:23森谷
(上記のフォーメーションは出場選手の登録ポジションから想定したもので、実際に試合で試されたものとは異なる場合があります)

<試合形式>
45min×2本=90min


DF登録の選手が前後半共に3人ずつしかいないわけですが、
今季のベルマーレは3バックを試そうとしてるんでしょうか。

後半は3−6−1などとしてますが、
たぶん永里辺りが前線に据えられた可能性もありますね。
(永里の前線起用は昨季何度かありましたから・・・)

まあ、失点がどういう状況だったかは知りませんが、
早いうちに問題点をあぶり出しておくという意味では
やむを得ないものとして捉えておくべきでしょう。

ともあれ、これからですよ。
どんどんチームに実をつけていきましょう。
posted by KAZZ at 20:45 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・07年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月24日

侮るなかれ

オシムJ07年初戦相手はペルー…ランク70位格下(zakzak)

まあ、FIFAランクなんてものは、
以前ほどではないにせよ、やはり鵜呑みにしてかかってはいけません。
如何な相手でも、油断と慢心は禁物ですよ。

ペルー相手にしっかりと試合として、
しっかりと自分たちの良さを出し、
そして、しっかりと勝ちきること。

それが、この試合の最大の意義ではないでしょうか。

今季の代表の船出を華々しく飾るためにも
これから代表に呼ばれるであろう選手たちは、
ぜひ気を抜かず、しっかりモチベーションを高めて
ペルー戦に臨んでいただきたいところです。
posted by KAZZ at 21:38 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月23日

THE DEPARTEDのCM

マーティン・スコセッシが監督をしていて、
レオナルド・ディカプリオやマット・デイモンなどが出演している
THE DEPARTED(邦題:ディパーテッド)」という映画を御存知でしょうか。
既に公開されていて、御覧になられた方もいらっしゃると思います。

御存知の方も多いと思いますが、
先日までこの映画のCMをやってるのを見てたら、
ローリング・ストーンズの「Gimme Shelter」がバックに使われてました。
何故かそれがメリー・クレイトンが歌っている部分だったりしますが、
流れているダイジェスト映像に緊迫感を与えていて
なかなか興味深い使い方をしているなという印象でした。




言うまでもなく『LET IT BLEED』のオープニング曲です。
機会があれば、ぜひ聴いてみてください。
posted by KAZZ at 21:21 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | THE ROLLING STONES このエントリーを含むはてなブックマーク

人は確かに変わるけれども・・・

http://www.jsgoal.jp/photo/00020400/00020414.html

ま、誰とは敢えて申し上げません

写真を見て、驚いてあげてください(笑)
posted by KAZZ at 00:38 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月22日

行き先決まったのは1人だけ

昨日の続報みたいなもんです。

2006年度退団選手について(SC鳥取公式)

え〜、今後の動向が現段階で決まってるのは
石富(古巣の松江RMクラブに復帰)だけのようで、
他の9選手は移籍するらしいのですが、
どこに移るかは未定のようです。

まあ、追い追いわかってくることになるでしょう。

それよりも・・・

2007年シーズン 登録予定選手について(SC鳥取公式)
2007年シーズン スタッフについて(SC鳥取公式)

選手名とかが青地に黒字で表記してあって見えづらくてかないません。
何とかしてくださいよ、もう・・・。
(2007/01/23追記:その後、白地に黒字に改められてました)
posted by KAZZ at 20:39 | 島根 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月21日

SC鳥取、現時点でのスタッフ/選手リスト

選手の背番号は未定です。
人名の後ろの(新)は新加入という意味です。

【スタッフ】
監督:水口洋次(新)
ヘッドコーチ:ヴィタヤ・ラオハクン(新)
コーチ:畑野伸和(新)
ドクター:高田尚文
フィジオセラピスト:徳森大介
トレーナー:池永英樹

【選  手】
GK:井上敦史(新)、三好毅典修行智仁(新)
DF:山村泰弘戸田賢良(新)、下松裕下屋敷恒太郎
   濱田正人田尾知己(新)、青柳雅信
MF:実信憲明堀池勇平(新)、中垣雅博田村和也
   安東利典西村英樹金正旭
FW:小林崇法内山英紀増本浩平釜田佳吾(新)
posted by KAZZ at 23:17 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク

さようなら、そしてありがとう、10人の男たち

SC鳥取新監督就任会見 水口氏「戦う集団に」(日本海新聞)
“戦う集団”目指す SC鳥取・水口新監督が抱負(山陰中央新報)

水口監督の会見があったようです。
力強い言葉が聞かれたようで、何よりですね。

ここでは、タイ人のビタヤ・ラオハクンさんが
今季のヘッドコーチに就任することも明らかにされたようですね。
(何故か宮本恒靖の公式サイトにもチラッとその名前が出てきますよ)

ブンデスリーガで活躍したこともあるそうですが、
日本でも選手経験がある(恐らくヤンマーで)んじゃないでしょうか。
コーチとしては、松下電器やガンバ大阪でコーチ経験があるようですね。
(参考:東南アジアサッカー調査メモ


一方、退団選手10名が発表されました。
山陰中央新報の記事の方に名前が出ています。

・GK清水裕之  ・MF平田順也
・MF山崎邦夫  ・MF太田 遼
・FW山根 伸  ・GK柴田浩兵
・MF堀 徹也  ・DF林 康平
・DF石富友馬  ・DF渡部 翼


・・・ん? ノブッキ(原信生)の名前がありませんね。
彼は残留するということなんでしょうか?


既に引退という表現で退団を表明していた堀や、
退団セレモニー風のことをやっていた清水辺りはなんとなく想像できましたし、
山崎・山根の両名についても予想はできていました。
柴田もそんな感じがしていた選手の1人です。

翼君はレンタル移籍である上に、トライアウトに2度出ていますし、
何処か移籍先を本気で探しているらしいことはわかります。

石富と林はこれからという気もしたのですが、
アマチュアとしてやっていくことにしたのでしょう。

太田は短い期間の在籍でした。
もっと長く見てみたかった選手の1人です。
トリッキーでスピーディなプレーは、
ジョーカーとなるべき選手のそれでしたからね。

それと、個人的に残念だと思ったのが平田です。

人懐っこい性格で、私も何度か会話したことがありますし、
ブログのネタにもさせてもらったことがあります。
いいヤツですよ、本当に。

選手としての潜在能力も確実にあったと思います。
昨季の2得点だって、如何にも平田らしい泥臭いゴールでしたが、
ここぞと狙ったところに身体を張って飛び込めるセンスは
特筆すべきものだったと思います。


ともかく、名前の挙がった10人の退団選手には、
お疲れ様の言葉を贈ると共に、
新天地(及びそれぞれの職場)での活躍を願っています

そして、SC鳥取に残ることになった選手たち、
新しく加わることになった選手たちには、
これら10人や歴代の在籍選手たちの思いも背負いながら、
Jを目指して邁進してほしいと思います。
posted by KAZZ at 21:16 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月20日

佐川急便SC

新生「佐川急便SC」が始動 滋賀県内初のJFLチーム(京都新聞)

佐川急便東京SCと同大阪SCとの合同チーム、
佐川急便SCが始動したようですね。

東京から15人、大阪から16人の計31人が
新チームに合流したとのこと。
どういう構成かはわかりませんが
両者のいいところが出るような構成だと
かなり手強い相手となりそうです。
posted by KAZZ at 20:54 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月19日

3選手一気に加入

ここに来てSC鳥取に3人の選手が加わりました。

堀池勇平選手(佐川印刷SC)新加入のお知らせ
井上淳史選手(横河武蔵野FC)新加入のお知らせ
修行智仁選手(立命館大学)新加入のお知らせ(以上、SC鳥取公式)

堀池がMF、井上と修行(しゅうぎょう)がGKだそうです。

堀池は昨年のSC鳥取との対戦にも出場していたようで、
その際に得点も決めている選手ですね。
データを見る限り、佐川印刷で中心選手だったようです。

井上はコンサドーレ札幌にも在籍経験を持つ選手ですが、
コンサドーレではリーグ戦の出場経験がなく、
続いて移籍した横河武蔵野FCでレギュラーの座を獲得していた選手です。
恐らく、三好と正GKの座を争うことになるんでしょう。

修行は立命館大学の選手で、天皇杯にも出場経験を持っています。
三好と井上との争いに割って入ってほしいものです。


ともあれ、3選手ともぜひ頑張ってもらいたいところですね。
posted by KAZZ at 20:34 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

JFL3月18日開幕

JFL公式のトップページに、
今季の開幕日程のアウトラインが載ってます。

カードは未定なんですが、以下のようにホーム開幕戦が組まれるようです。

2007/3/18にホーム開幕戦を行うチーム
Honda FC、佐川急便SC、YKK AP、ロッソ熊本、横河武蔵野FC、栃木SC、アローズ北陸、ソニー仙台FC、アルテ高崎(以上9チーム)

2007/3/21にホーム開幕戦を行うチーム
SC鳥取、ジェフリザーブス、FC刈谷、FC琉球、佐川印刷SC、流通経済大学、三菱自動車水島FC、TDK SC、FC岐阜(以上9チーム)


ジェフリザーブスというのは、昨年「ジェフ・クラブ」と言っていたチームです。
今季は「ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブス」と名称変更してます。


上記の日程から考えて、
3/18が第1節、3/21が第2節となりそうですね。

詳細な日程は2月下旬に発表だそうです。
posted by KAZZ at 20:15 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月18日

初練習

J参入へ気合十分 SC鳥取が今季初練習(山陰中央新報)

もう3日前の話ですが、SC鳥取が始動してます。
とりあえず初練習に集合したのは15人ほどの選手らしいです。
この他の記事などから総合すると、この15人の中には
少なくとも安東・増本・小林の3人がいるようです。
(安東と増本は上の記事で、小林は別の記事でコメントを取られています)

2月の中程からは長崎で初めてのキャンプも行うようで、
着実に必勝態勢は敷かれつつあると思っていいでしょう。
(もちろん、キャンプしたぐらいで勝てるわけでもありませんが・・・)
開幕までの時間は限られていますし、
とにかく少しでも中身の濃い準備をして、
来るシーズンに臨んでもらいたい
もんです。
posted by KAZZ at 20:40 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月17日

蹴志 Best mind

2007年スローガン(湘南ベルマーレ公式)

蹴志 Best mind


【蹴志(しゅうし) Best mindについて】

サッカーを始めたときの志
Jリーガーを夢見たころの志
ダメになりそうなとき踏みとどまらせた志
プロとして契約したときの志
そして…このままでは終わらないという志

さまざまな志をもう一度胸にボールを蹴りだそう
ひと蹴りひと蹴りに集中し大切にしていこう
常に心に中心に蹴球をおき新たなシーズンに挑もう

ベルマーレのサッカーに対する強い志と
それを成し遂げようとする個々の強い志を
2007年私たちは『蹴志 Best mind』と呼ぶ

最初から最後までBの最上級の志で闘い続けます



というわけで、湘南ベルマーレ2007年スローガンが発表になりました。

それぞれの選手、それぞれの立場でのBest mindってのがありますが、
それをキッチリ発揮してもらいたい。

ピッチの上で、どんなBest mindが見られるのか。
楽しみです。
posted by KAZZ at 21:36 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月16日

田尾知己選手、加入

田尾知己選手(アルテ高崎)新加入決定(SC鳥取公式)

アルテは、ついこの間も若いDFを湘南ベルマーレにくれたばかりですが、
今度はSC鳥取に田尾知己という選手をくれました。
何やら、あちらの選手層の薄さばかりが気になるんですが、
ま、ともかく入団してくれたことにまずは注目したいもの。

アルテでそこそこ試合にも出ているようですし、
うまくすれば活躍できるんじゃないですか。
守備面の強化はSC鳥取にとって一つの課題ですから、
そこを補強していくというのは、当然のことでしょう。

田尾には、ぜひ活躍してもらいたいもんですね。
まずはレギュラー獲りから目指してもらいましょう。
posted by KAZZ at 21:15 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月15日

産能大、今度は湘南シーレックスと提携

ちょっと面白い記事があったので、全文引用します。

2軍の公式戦を大学の教材に=産能大と業務提携−プロ野球・横浜(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

<引用開始>

 プロ野球横浜は15日、産業能率大学(神奈川県伊勢原市)が取り組むスポーツビジネスの人材育成教育を手助けするため、業務提携に調印した。
 横浜の2軍、湘南シーレックスが平塚球場で行う公式戦(イースタン・リーグ)を教材に、球団と大学が地域活性化を意図したプログラムを共同で策定。これに基づき、学生が現場(球場など)で運営業務から集客、イベントの企画などプロ野球の興行全般を学ぶ。
 産能大の原田雅顕学長は「理論は実践に役立ってこそ。知識を与えるだけではなく、実践の中でこそ身に付く」と強調。横浜の佐々木邦昭球団社長も「ビジネスコンサルタントで実績を残されている大学。球団に何らかのアドバイスもいただけるのではないか」と相乗効果を期待している。 


最終更新:1月15日21時1分


<引用終了>


御存知のように、産能大は湘南ベルマーレのスポンサーであると共に
こうした試みの一端を結ぶ関係でもあるんですが、
そこに今回、横浜ベイスターズのファームチームである
湘南シーレックスも新たに加わることになったようです。

産能大の本拠が伊勢原にあるという関係から、
平塚球場での試合が実践の場として選ばれたようですね。

他にどういった可能性があるかはわかりませんが、
こういった関係強化がきっかけになって
横のつながりが増えていけば、それはそれでいいことだと言えそうですね。
posted by KAZZ at 21:59 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

大久保嘉人

J1:神戸が大久保嘉人を完全移籍での獲得(毎日新聞)

以前から噂はありましたが、本決まりになりました。

頑張ってほしいところですが、
どうか試合中にあまりエキサイトしすぎないように。
posted by KAZZ at 21:26 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月14日

風の歌が流れていく

ソングオブウインド引退…昨年の菊花賞馬(スポーツ報知)

去年の菊花賞は、ある意味で非常に衝撃的でした。

大逃げのアドマイヤメイン。
三冠を目指すメイショウサムソンは馬群の中で
出るに出られず奮闘を重ねる。
思ったより脚勢の落ちないアドマイヤメインが
このまま逃げ切るかと思った矢先に
後方から脱兎の勢いでやってきたのが
ドリームパスポートとソングオブウインドでした。

叩き合いの結果、ソングオブウインドが僅差で勝ったんですが、
武幸四郎の気合い一発の騎乗と共に、
この馬の化け物じみた末脚に感嘆させられたものです。

その後、JCや有馬記念には向かわず、
香港ヴァーズに出走して4着に敗れたんですが、
屈腱炎は、どうもこの時にやってしまったようですね。
このために既に休養は発表されていたんですが、
競走馬としての復帰を今回遂に諦めてしまったようです。

既に父のエルコンドルパサーが存命でないだけに、
後継種牡馬として大いに期待されることが考えられます。
あの驚異の末脚を引き継ぐ仔がたくさん出てくれるといいですね。
そして、エルコンドルパサーの血を継ぐ馬が
少しでもたくさん出てくれるといいですね。
posted by KAZZ at 19:15 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月13日

阿部、浦和へ

千葉・阿部の浦和移籍が内定…移籍金は国内最高3.5億円超(サンケイスポーツ)

どうも阿部勇樹の浦和移籍が本決まりになりそうですね。

阿部勇樹という選手としての健全な上昇志向というか向上心が、
千葉をキャプテンとして盛り立てようとする意欲を
どれだけかはわかりませんが上回ってしまった結果なのでしょう。

これまでに他の選手のケースでも度々散見されたことですが、
そういう思いに一度火がついてしまうと、
引き止めもなかなか難しいように思います。

浦和に行く以上、阿部は千葉での立場から一転して
様々な問題に直面することになると思います。
まずレギュラーを獲れるかどうかも定かではないのですし、
(同一ポジションに鈴木啓太や長谷部誠などがいる)
彼が浦和のサッカーにどれだけ合わせられるかもわかりません。

まさにゼロからのスタートになると思いますが、
行くと決めた以上は、千葉時代がそうだったように
チームの顔になれるように努力するしかありません。
そして彼は、それができる男だと信じています。
posted by KAZZ at 22:39 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月12日

公式からも発表が・・・

Jリーグ準加盟申請について
2007年シーズン新監督について
(以上、SC鳥取公式)

そんなわけで、J準加盟申請と新監督就任について、
SC鳥取側から公式にアナウンスメントがありました。

さて、そうなってくると、
現有戦力(既発表の新入団2名を除く)の絞り込みと、
他に補充すべき新戦力の獲得が、今後の重要課題となってきます。

既報では現有戦力から14〜15名程度が残留するような話になってますが、
(同じく、新加入選手は10名程度と既報済み)
水口新監督の考え方次第では、この数字に若干の変動があるかもしれません。

なお、期限付き移籍の選手は既にSC鳥取から離籍し、
J合同トライアウトに参加したり(渡部は第1回と第2回に、原は第1回のみ参加)、
元所属先で契約更改したり(梶原)しています。


この辺の動向がどうなっていくのか、
早いところ新監督の意向がわかると、つかみやすくなってきますね。
posted by KAZZ at 20:36 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

アルテ高崎から選手が来たよ

アルテ高崎 川股要佑選手 移籍加入決定(湘南ベルマーレ公式)

JFLのアルテ高崎といえば、貞冨がいたりアマラオがいたり、
かつては小松原なんてところもいて、
意外とベルマーレ人脈のあるクラブなんですが、
そこから川股というDFを獲ってきたようです。

若いDFなんですが、正直、あんまりよく知りません。
神奈川県出身(注)ということです。背番号は34番になってます。
まずはJ2で何処までやれるか、ですよね。


(注):アルテ高崎の公式サイト上では神奈川県川崎市出身と発表されていますが、ベルマーレ側の発表では東京都出身ということに。どちらが本当なんでしょうか?
posted by KAZZ at 20:17 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(新入団・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月11日

SC鳥取の新監督と準加盟申請

てなわけで、昨日準加盟申請に赴いた塚野社長御一行様なのですが、
そのことは後述するとして、まずは新監督が決まったというお話を。

元松下電器サッカー部監督で、神戸国際大学サッカー部監督の
水口洋次さんが次期新監督に決まりました
現段階ではニュースがまだ載ってないので、Wikipediaの項目を。

水口洋次 - Wikipedia

経歴等々はリンク先を御覧いただくとして、
新監督が決まったことによって、
チームが本格的に動き出すことになります。

水口さんがどういうサッカーを指向されてるのかは知りませんが、
まず着手すべきは、守備の立て直しってことになるんでしょう。
昨年のSC鳥取は、攻撃面では上位に引けを取らない一方で
守備の面で決してよろしくないことになっていたので、
まずはここを改善しなければならないでしょう。

今後の水口新監督のお手並みを、まずは見ていきたいところです。


で、準加盟申請。

SC鳥取など4クラブがJリーグ準加盟申請(山陰中央新報)

準加盟申請締め切り日となった昨日は、
SC鳥取の他に、栃木SC(JFL)、FC岐阜(JFL)、
そしてFCペラーダ福島(東北2部南)が申請を行ったとのこと。

このうち、ペラーダは2011年からのJ2参入を目指し、
残るSC鳥取を含む3クラブは2008年からのJ2参入を目指すことになります。

塚野社長は取材に答えて、草の根からの運動をしてきたなどとアピールしたそうで、
相応に手応えはあったと自負しておられたようです。


・・・と、申請したこと自体はいいのですが、
昨日も書いたように、まだ長い道のりのほんの第一歩に過ぎないんですね。
これからいくつもの山を越えて行かなきゃならんのです。
もちろん、私らもサポとしてできることはしますが、
最終的には株式会社SC鳥取と、チームとしてのSC鳥取が
何処まで気運を盛り上げていけるかにかかっている
と言えます。

正念場となる今季、しっかりと成果を出していただきたいもんです。
そのための後押しは、サポと名のつく者ならば誰も惜しみませんから。
posted by KAZZ at 20:08 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月10日

選手じゃないけど来ちゃった&背番号

小原光城選手 現役引退 湘南ベルマーレ強化部主務に就任(湘南ベルマーレ公式)

どうも地元が神奈川県らしいのですが・・・。

愛媛ではどういう選手だったのでしょうか。
キャリアから推測するにDF辺りではないかと思うのですが・・・。

まあ、選手ではなく、強化部主務という形での入団ですし、
現役当時のことはそれほど関係なかったりするんですが・・・。


さて、もう一つ。今季の背番号が確定しました。

2007シーズン湘南ベルマーレ 全選手の「背番号」発表(湘南ベルマーレ公式)

若干の変動はありますが、基本的には昨季のそれをかなり踏襲しています。

変動があった主なところでは・・・

石原(19→11)、田村(3→6)、外池(6→19)、植村(25→16)

なんてところが挙げられます。

それにしても、7が空き番号になっているのが気になります。
これは将来的に誰か有能な選手が入ってくるまでの暫定的措置なのでしょうか。
posted by KAZZ at 20:57 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(新入団・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

SC鳥取、J準加盟申請へ

SC鳥取ホームタウン、米子市が承諾(山陰中央新報)

かくして、駆け込み的ながらも米子市からの支援の言質も取り付け、
晴れて本日、準加盟申請に赴いたようなんですが、
これはあくまでも長い道程のほんの一歩を踏み出しただけで、
まだまだこれからいくつもの大変な紆余曲折が
SC鳥取を待っている
ような気がしてなりません。

大事なことは、そのような紆余曲折に遭遇しても、
決して取り乱さず、初志貫徹で諦めたりしないこと
それができれば、大丈夫だと思います。

道は険しいと思いますが、サポーターの端くれとしては、
まずこの大きな一里塚を乗り越えてくれることを
ただひたすら祈るのみ
です。

大きな夢は、己が手でつかみ取るしかないのです。
posted by KAZZ at 20:34 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月09日

斉藤&財津加入

清水エスパルス 斉藤俊秀選手 移籍加入決定(湘南ベルマーレ公式)
斉藤俊秀選手 湘南ベルマーレへ期限付き移籍決定のお知らせ(清水エスパルス公式)

清水エスパルス 財津俊一郎選手 移籍加入決定(湘南ベルマーレ公式)
財津俊一郎選手 湘南ベルマーレへ期限付き移籍決定のお知らせ(清水エスパルス公式)


斉藤来ましたよ〜!

しかも財津も来ちゃいました

清水エスパルスも随分と大盤振る舞いしてくれたようですが、
特に斉藤の加入は大きいと思いますよ。
この選手は代表経験もありますし、
その経験から様々なものをフィードバックしてくれるものと思います。

財津もベルマーレで開花してくれるといいですね。
FWのレギュラー競争に勝ち上がって、活躍していただきたいもんです。
posted by KAZZ at 21:08 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 湘南ベルマーレ(新入団・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

タイトルを変更しました

え〜、唐突なんですが、
半ば思いつきで当ブログのタイトルを変更することにしました。


A BIGGER BANG!!



これが、当ブログの新しいタイトルです。

某ストーンズのアルバムタイトルとまるで同じなんですが、
あまり気にしないでください。私も気にしてません(謎

ま、そういうわけで、今後とも「A BIGGER BANG!!」として、
当ブログをよろしくお願いします。
posted by KAZZ at 00:34 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 管理人からの告知など このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月08日

美しさと泥臭さの対決〜高校サッカー決勝

第85回全国高校サッカー選手権決勝@国立霞ヶ丘競技場

作陽(岡山・緑) 1(0−0,1−2)2 盛岡商(岩手・赤白)

<得点>
作陽)桑元(56')
盛商)林(71')、千葉(85')

<観衆>
35,936人


作陽の先制点のシーンは、非常に美しかったですね。
3枚のDFに囲まれた村井が鮮やかなターンから
見事なショットを放ち、これはクロスバーに当たったものの
こぼれを村井にパスを出し手前に詰めていた桑元が
頭で軽く押し込んだシーンは非常に美しかったです。

その後、盛岡商はゲットしたPKを外して
意気消沈するかなと思われたんですが、
そこからの盛岡商は実に泥臭く作陽を追い詰めていきました。

左サイドからのマイナスの低いクロスに
一度は空振りしながらも強引に押し込んだのは
PKを失敗した林でした。

終盤には同じように左からのクロスに走り込んできた千葉が
ドンと押し込んで勝負を決めてしまいました。

泥臭く執拗に攻撃を仕掛け続けて
遂に逆転にまで持ち込んでしまった盛岡商の闘志が
僅かに作陽のそれを上回ったということなんでしょうね。

あの家本氏が主審というだけあって
どうなることかとも思っていたのですが、
特に混乱もなく試合は整然と進んでいきました。

美しさと泥臭さが絶妙にスイングした
面白くて、いい試合でしたね。
posted by KAZZ at 17:12 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

またコーチが入ってきた

佐川印刷SC 小笠原唯志コーチ トップチームコーチに就任(湘南ベルマーレ公式)


佐川印刷のコーチが来るということなんですが・・・

・・・JFLでも上位とは言い切れないチームから
コーチを採用するというのは、いったいどういう意味なのかと。

・・・まあ、去年はユースのコーチにえ(ry

補佐的な役割でもするんでしょうかね。
posted by KAZZ at 15:36 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(新入団・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月07日

動物のおしゃべり




神仙寺瑛さんという女性漫画家さんの4コママンガですが、
これ、面白いですよ。最近結構好きな4コママンガの一つです。

簡単に言うと、動物の言葉がわかる幼稚園児の女の子を主人公に、
動物を人間に見立てて会話させちゃうという形の話です。
それぞれのキャラが非常に可愛らしく描かれていていいですよ。
特に動物を擬人化したキャラが面白いなと思いました。

現在も竹書房の「まんがライフ」などで連載中ですので、ぜひ御一読を。
posted by KAZZ at 21:55 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・ラジオ・映画・本 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月06日

途轍もなく風が吹いてます

気象情報:西日本から北海道まで広範囲に荒れ模様(毎日新聞)

何だかですね、今、外でものすごい音で風が吹いてるわけですよ。

非常に寒いです。

明日・明後日と相当荒れるそうなので、
皆さんくれぐれも御注意を。
posted by KAZZ at 21:15 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月05日

藤田伸二の(自己責任による)長き不在

「騎手 藤田伸二の暴力事案」に関する処分について(JRA)
平成18年度きゅう舎関係者表彰における藤田伸二騎手の取り扱いについて(JRA)

とまあ、このように、昨年末に暴力事件を起こしてしまった
藤田伸二騎手は、3ヶ月ほどの騎乗停止処分を喰らいました。
飲食店で店員を1発殴ったらしいことぐらいしか伝わってこず、
暴行に至った事情はよくわかりませんが、
何にしてもこういう行為はよろしくありません。

藤田は3月半ば過ぎまで競馬に乗れないわけですが、
この期間、藤田としては、
自分のしたことが及ぼす自分自身や周囲への影響をしっかり見定めて、
従前以上に真っ当に競馬に取り組むようにしていただきたいものです。

私は個人的に藤田のファンではありますが、
だからといってこの件を許容する気はありません。
理由が如何なるものであれ、こういう行為だけは厳に慎んでもらわないと。
馬上ではフェアプレーの名手なのに、何とももったいない。

3月に復帰してくる藤田が、どういう騎乗をするか、
今はそこに注目しておきたいところです。
posted by KAZZ at 21:53 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月04日

気になる人選

J2日本人得点王 新居が千葉へ(スポニチ)

とまあ、鳥栖のFW・新居辰基が
ジェフに移籍するかもしれないという記事なんですが、
気になった点が一つ。

上の記事から引用します。

<引用開始>

千葉は、すでに獲得が決定的なFW黒部(京都)のほか、FW深井(鹿島)、FW平本(東京V)、FW林(京都)もリストアップしていたが、最終的にアマル監督や唐井GMの評価が高い新居獲りに一本化した。


<引用終了>

京都の林って・・・

一度千葉から出した選手でしょうに・・・

だったら出すなよ、というお話でした。
posted by KAZZ at 19:30 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月03日

境高負けた

第85回全国高校サッカー選手権3回戦@駒場

境(鳥取県) 0(0−0,0−0,PK2−3)0 広島皆実(広島県)

<得点>
境)なし
皆)なし

<PK戦>
境)(後攻)○××○×
皆)(先攻)○○○××


負けちゃいましたな。

またよりによってPK戦ですよ・・・。
広島皆実のこの大会での得意パターンに持ち込まれるとは・・・。

境もよく動いて攻めていたと思うんですが、
及ばなかったですね。


ところで、今日はハマ(濱田正人。言うまでもなくSC鳥取・DF)は
あの場(応援席)にいたんでしょうか?
確認できなかったのですが。
posted by KAZZ at 18:09 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のサッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月02日

境高勝利

第85回全国高校サッカー選手権2回戦@埼スタ

(鳥取県) 0(0−0,1−0)0 帝京第三(山梨県)

<得点>
境)濱田(56')
帝)なし


実は途中から見てたんですが
境高はよくやった方ではないかなと思います。
帝京三高は厳しくやってきたと思うんですが、
後半16分の濱田のFKが決まった辺りから特に
前に出ていく動きが良くなって、
これで帝京三高をかなり食い止められたように思います。

もっとも、その素地を作ったのは
前半を無失点で終えられたということにあるのではないかと。
もし前半に1点でもビハインドを受けていたら
ここまでうまくいっていなかったかもしれません。


それにしても、濱田兄(いうまでもなくSC鳥取の濱田正人)は
テレビに映りすぎですが(笑)
何回カメラで抜かれとるんですか(笑)
posted by KAZZ at 18:14 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 山陰のサッカー このエントリーを含むはてなブックマーク

2007年01月01日

素晴らしき赤き野郎ども〜第86回天皇杯決勝戦結果〜

第86回天皇杯サッカー全日本選手権決勝@国立霞ヶ丘競技場

浦和レッズ(J1/赤白) 1(0−0,1−0)0 ガンバ大阪(J1/白白)
(予想は 浦 和 1−2 G大阪 で、ハズレ)

<得点>
浦)永井(87')
G)なし

<浦和レッズのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:23都築
DF: 3細貝、 5ネネ、19内舘
MF:18小野(76'→30岡野)、16相馬、14平川(62'→17長谷部)、 6山田、13鈴木啓(88'→20堀之内)
FW: 9永井、10ポンテ

(出場しなかったサブ)
GK: 1山岸、DF:36堤、FW:12黒部、34エスクデロ

<ガンバ大阪のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1松代
DF: 5宮本、 6山口、 4実好
MF:10二川、 7遠藤、17明神、14家長、21加地
FW: 9マグノアウベス、11播戸

(出場しなかったサブ)
GK:22藤ヶ谷、DF: 2シジクレイ、 2入江、MF:20寺田、27橋本、FW:16前田、19中山

<警告・退場>
浦)ネネ(32'・警)、細貝(58'・警)
G)家長(28'・警)、加地(42'・警)

<出場停止>
浦)なし
G)なし

<観衆>
46,880人

日刊スポーツのスコア速報


窮地に立たされた時の浦和が、ここまで底力を見せるとは・・・。

シュート数からして7対23ですから
ガンバのペースなのは明らかだったんですが、
それを懸命に耐えているという芸風は
ここ2戦で見られたものとほぼ同じでした。

どこかでガンバに点が入っちゃうんだろうなと思いながら見てたんですが、
ガンバの方がとにかく絶好機を度々逸するような状態で、
しかしガンバは諦めずにその後も好機を創り出すことに専念します。

一方の浦和は、たまに好機はあるものの、
基本的にはガンバの攻めに耐えることに終始していました。
攻めの中軸となるポンテも、ガンバの集中した守備に抑え込まれることが多く、
小野も何処か窮屈そうにしていることが多かったですね。
そうなると必然的に前線にいる永井辺りも孤立してしまうことに。
いいチャンスもありましたが、肝心の永井がトラップミスをして
それを潰すことになってしまいました。

浦和のサイドに目を転じると、相馬は例によって思いきりのいい突っ込みで
相手を引きずり出すことに成功することも多かったものの、
平川がもう一つ前掛かりになりきれない状態でした。

ガンバの攻撃は中・サイド共にバラエティ豊富で、
サイドは加地・家長が適度に前を窺える状況で、
中に転じても二川、マグノアウベス、播戸が絶えず動き回りながら
スペースとポジションを作り合っていきます。

ガンバは守備でもおおよそまとまっており、
宮本・山口・実好の3人は安定感があるように見えました。

このことから考えても、ガンバが何処かで点を取るだろうと思えたのですが、
これが全然点が取れない。どんな絶好機も外してしまう。

そんな状況が後半も引き続き起きていくと
次第にガンバが焦り出すのではないかと思っていました。
しかし、ピッチ内はそれほど焦った様子がなく、
これでむしろベンチワークが硬直してしまったように思います。
ガンバは結局最後まで交代選手を出さなかったのですが、
状況を見すぎて交代機を逸したのではないでしょうか。

流れは自分たち、でももう一つ流れに乗り切れていない、
交代はしたい、しかし良い流れを壊したくない。

こんなことになってしまったのかもしれません。

そうこうしているうちに、浦和にワンチャンスをものにされ、
その永井の得点をしぶとく守りきられてしまいます。

澱んだ流れを変えきれなかったのは指揮官の責任ですが、
それを中からでも強引に整えることが、
中の選手たちにはできなかったのか、という気がしました。
西野監督が送り出した選手たちを信頼していたといえばそうでしょうが、
それが硬直した状態を抜け出すために
某かの手を打って打開しようとすることも、大切なことだと思いました。

その点、浦和のブッフバルト監督は3枚の交代枠をしっかり使って
流れの転換を図ることに手間を惜しみませんでした。
3人の交代選手たちはキッチリ仕事を果たしましたね。

浦和は立派だなと思いましたよ。
出場することのない主力が3人いて、怪我人も何人か抱えて、
守りも攻めもコーディネイトが難しい状況の中で
何一つ出し惜しみをせず、しっかり勝ちきってくるんですから。
恐れ入りました

見事に天皇杯を連覇した浦和レッズに敬意を表して
このテレビ観戦記を締めようと思います。
posted by KAZZ at 17:44 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

明けましておめでとうございます

年越しの瞬間、風呂入ってました(をぃ



というわけで、2007年になりました。
皆様、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は様々な点でお世話になりました。
本年もどうぞ、変わらぬ御愛顧の程、よろしくお願いします。


で、個人的には誕生日だったりします。
そろそろ「不惑」などという言葉が現実に感じられ始めるお年頃です。
なんか、この歳になっちゃうと誕生日だなんて言われても
ガキの頃と違って特段の感慨もなかったりするんですが、
こういう日に生まれてきちゃったものは仕方がございません。


このブログとしては、例によってSC鳥取・湘南ベルマーレという
私の大好きな2つのサッカークラブのことを中心に、
あれこれ駄文など書き散らしていくことになると思います。

そういうことですので、どうぞ、今年もまったり見守ってやってください。
よろしくお願いします。
posted by KAZZ at 04:03 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。