2006年12月31日

2006年もあと少しで終了

朝までGAORAで吉本新喜劇を見た挙げ句、
今日は今日でDRAGON GATEを見ていたり。
他人とは違う意味でテレビ三昧なのですが、
皆様如何お過ごしでしょうか。

今年もSC鳥取と湘南ベルマーレの試合結果に一喜一憂し、
いろいろとこのブログに書き連ねてきました。
お越しいただいた皆様、TBやコメントをいただいた皆様には
心よりの感謝の気持ちでいっぱいです。

来年もこのブログは続いていきます。
また、SC鳥取と湘南ベルマーレのことを中心に
様々なことを書いていくことになろうと思います。

来年もこのブログをよろしくお願いします。

それでは皆様、良いお年を。
posted by KAZZ at 20:13 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 身辺雑記 このエントリーを含むはてなブックマーク

第86回天皇杯決勝戦予想

というわけで、明日がいよいよその日になりました。

天皇杯決勝戦。その予想をします。

カードは浦和レッズ vs ガンバ大阪。
国立霞ヶ丘競技場で14時キックオフ予定。
NHKで生中継(13:50〜)もあります。

例によって、与太しか書かない予想ですが、
今回もおつきあいいただきましょう。
★印が勝ちと予想するチーム、☆印が負けと予想するチームです。


☆浦和レッズ 1−2 ガンバ大阪

 元々いない三都主・ワシントン・闘莉王に加えて、鈴木啓太、山田、坪井、酒井といったあたりまで出場が危ぶまれる状態の浦和ですからね・・・。いくら準決勝で出場停止だった長谷部が出場できるとはいっても、さすがに今回ばかりは厳しいかもしれませんよ。
 逆にガンバはメンバー面でもほぼ充実していて、その上にこちらも準決勝で出場できなかった播戸が戻ってきます。ほぼ盤石の態勢と見ていいのではないでしょうか。

 浦和で気になるのは、ことに準々決勝の磐田戦以降、エンジンの掛かりが遅いことです。攻勢に至るペースをつかむのに、あまりにも時間がかかりすぎてしまうんですね。これを改善するためにも、特に頑張らないといけないのがポンテであり、小野でないといけないのです。
 ポンテの方は今のままの調子でいいですよ。何しろコンスタントに動けていて、要所でしっかりと浦和の攻めを引き締めているのですから。彼に関しては何も心配しなくてもいいでしょう。
 問題は小野の方ですね。この2試合で5得点中4得点に絡む活躍をしてはいますが、それ以外のところでどう動いていくか。それが、明日の試合に於いて小野が抱える課題かな、と思います。

 ガンバに関しては、遠藤が完全復活したと言っていい状態で、マグノアウベスは好調、熱血・播戸も牙を磨いて戻ってくるということで、攻撃面に関しては二川なども加えてほぼ完調と言えそうです。
 守備面でも、ザルツブルグ移籍が決定している宮本を中心に良くまとまっているようです。そのことから考えると、ほぼ流れはガンバに傾いていると言っていいのかもしれません。

 但し、ピンチになった時の浦和こそ、実は要注意と言えるチームであって、ガンバは決して油断してかかってはいけないと思います。ポンテの献身と小野の飛び道具は怖いですからね。
 ガンバとしては、集中力をとにかく切らさないことが肝要でしょう。



・・・というわけで、明日の試合は非常に楽しみですよ。
posted by KAZZ at 19:17 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

私が勝手に選ぶ2006SC鳥取10大ニュース

湘南に続いては、SC鳥取の10大ニュース。
当然ながら、私の独断と偏見で選びました。
順位がついてますが、あまり意味はありません。

では。


【1】:目標5位も年間11位で終了

 後述するように年間15引き分けという記録まで作った挙げ句の11位でした。9月のホンダロック戦に引き分けた段階でかなり苦しくなってしまった感があり、天皇杯2回戦の高知大学戦で凹みきった挙げ句、一時は13位ぐらいまで落ちたのですが、どうにか最後は11位に戻してフィニッシュ。
 それにしても、もうちょっと何とかしようがあったと思うんですがねえ・・・。


【2】:リーグ戦年間15引き分けのJFL記録を樹立

 しっかしまあ、よくもここまで引き分けたなあと思いましたよ。何でまたここまで引き分けることになってしまったのかという。
 勝ちきれないってことに尽きると思うんですが、そこを越えて勝てるところを勝っていかないと、J参入なんて夢のまた夢なんですよ。


【3】:内山英樹、17得点でJFL8位

 チーム得点王でもあります。横河武蔵野FCから移籍してきて初めてのシーズンで、よくやってくれたとは思います。来季は20得点以上を目標にしてほしいところですね。


【4】:新運営会社設立。社長は塚野真樹氏

 2度も準会員申請を見送った挙げ句の新会社設立ということで、誰が社長になるのかと思ったら、塚野真樹氏(前・湘南ベルマーレユースチームコーチ。元・SC鳥取GM)でした。
 設立当初の資本金は950万円ですが、これは来春までに1億円に増資するという話ですね。今のところ6千万円ぐらいまでの目処は立っているらしいです。
 いろいろツッコミどころの多い新会社ですが、推移をもう少し見てみないことにはコメントのしようがないですね。


【5】:天皇杯2回戦で高知大学に屈辱の0−4負け

 これは屈辱でしたね。いったい何だったのか、という。どんな戦いでもそうなんですが、特にノックダウン式のトーナメント戦において、格上も格下もないんですよ。
 どんな相手にも100%の力を出していかないことには、結果なんて出てこないのに、一瞬の集中力の欠如から失点を重ねてしまう。そして、負けてしまう。
 高知大学に負けたというよりは、己に負けたって感じのする試合でしたね、これは。


【6】:ヴィッセル神戸と提携

 ・・・したのは良かったんですが、結局神戸から送り込まれた選手は後に戦力外が確定した1名だけ。その選手も結局はレンタル期間終了と共にJの合同トライアウトを受けてしまうということになり、確たる提携の実体は見えずじまいでしたが・・・。
 他にどういうことが起きていくのか、未だによくわかりません。どうなる、この提携。


【7】:昇格後最多の3,216人の観客を集める

 これは11月のバードでのソニー仙台戦でしたが、雨降っちゃったんですよね。1万人プロジェクトとか言って、多くのお客を集めようとしたんですが、雨に降られたのが痛かったですね。
 でもまあ、3,216人も集まったということを重視しなくてはいけないのかも。ただ、来季は平均でこれぐらい集めなきゃいかんのですが。


【8】:胸スポンサーが変更に

 これまではOUランド/OUホテルだったんですが、山陰合同銀行に変更になりました。但し、実際にロゴが胸に入るまでには少し時間がかかってしまったのですが。


【9】:清水裕之、JFL敢闘賞を受賞

 不惑の大台に乗ってもまだ頑張っちゃう人ですからね。これまで受賞がなかったのが不思議なぐらいで、ここで満を持して受賞ってところでしょうか。
 来季、どうするんでしょうか。噂があるように引退なんですかねえ・・・。


【10】:木下桂監督就任→辞任

 Jを目指す礎の年だったのですが、何分にも指導者経験の薄い人物を招いてしまったという辺りに・・・。そらまあ、辞任もしますよね。
 後任はどんな人になるっていうんでしょうか。


【次】:堀・実信がJFL通算100試合出場

 2人とも主力としてSC鳥取を引っ張ってきた選手です。堀の方は既に引退を表明していますが、実信はもう一頑張りしてJを目指すことでしょう。



・・・という具合ですかね。

来年は正念場の1年を迎えるSC鳥取ですが、
グッドニュースをここに書けるといいですね。
posted by KAZZ at 17:42 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他・06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。