2006年12月27日

新会社、続報(と言うほどでもないけれど)

株式会社SC鳥取設立 準加盟クラブ申請へ(山陰中央新報)
SC鳥取、株式会社を設立 夢へ開幕ダッシュ(日本海新聞)

地元紙のより詳細な記事が入ってきたので、これらを参考にして
今後のチーム運営に関して明確になっている点を
箇条書きにしてまとめてみることにします。


<新会社について>
・運営新会社は12月26日に法人登記。
・資本金は会社設立段階で950万円。個人19人が出資。
・来春3月までに1億円に増資する計画で、現在6千万円弱までの目処はついている。
・残りの約3千5百万円についても、地元経済界等を中心に出資を働きかける。
・社長は塚野真樹氏。尾形弘次郎前代表は取締役に。取締役は他にもう1名。
・本社は米子市で、鳥取市内にも事務所を設置。鳥取事務所には塚野社長が常駐。


<開催・選手及び監督等について>
・試合開催はバードまたは布勢中心で、米子での開催は減少する。ナイターを増やす予定。
・選手は14〜15人程度の現有選手+10人程度の新加入選手で賄い、20人程度とプロ契約。
・大型補強はしないという話もあるようだが、詳細は不明。
・強化は主に守備中心となる模様。
・教員等の職を持っている選手は退団する方向。
・選手の練習はこれまでの夜間練習を止め、昼に行う。
・監督はS級指導者ライセンス保有者数名と交渉中。年内か年明けには決まる予定。


<地域との連携について>
・ホームタウンとしての承諾を鳥取・米子の両市に要請する。
・公園遊び事業やユースチームを軸にした子供向けスクールの展開などで地域との交流を深めていく。
・鳥取市に挨拶に行ったところ、市長からバードの優先使用を検討してもらえる旨の発言があった模様



概ね、こんなところでしょうか。

一つ言えることは、これから加速度的に話が進んで行くであろうということと、
その中でどのような展開が出てくるかは予測がつかない、ということ。

ともかく、本格的に走り出した、SC鳥取のJ参入への動きから、
今後ますます目が離せなくなってきました。
posted by KAZZ at 20:02 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。