2006年12月23日

天皇杯準々決勝結果と準決勝カード

え〜、ということで4試合(の中継が)終わりました。
浦和−磐田戦がやたら延びたので、
G大阪−横浜M戦が、えっらい中途半端な中継になってましたが(笑)
こういうことはよくあることです。

では、こちらの予想エントリと照合しながら、結果の方を。
★印が13時開始、☆印が15時開始のカードです。


浦和レッズ 3(0−1,3−2,0−0,0−0,PK10-9)3 ジュビロ磐田(埼玉ス)
(予想は 浦 和 1−2 磐 田 で、ハズレ)

 この試合については、こちらのエントリに書きましたので御参照ください。


鹿島アントラーズ 3(0−1,3−1)2 清水エスパルス(KK WING)
(予想は 鹿 島 0−1 清 水 で、ハズレ)

 さっきまでこの試合の中継録画を見てたんですが、田代の得点で1点差になったというのに、しかも結果を知っていて見ているというのに、鹿島の勝ち越すムードというものが全然伝わってこなかったというのは・・・。
 それぐらい、清水も出足は良かったんですよ。先日の5回戦同様、途中投入の兵働は効いてましたし、岡山ではもう一つだった矢島も、この日は2得点を挙げる活躍でしたからね。
 ただ、後半の終盤に清水が喫した2失点は、やはり集中力の欠如が原因なのかなあと思わざるを得なかったですね。特に決勝点となった柳沢のゴールは、DFやGKが前にいた選手に釣られてしまっていましたから。
 逆に言えば、鹿島が的確にチャンスを決められる手駒を上手く利用できたことが、勝利に結びついたんでしょう。


ガンバ大阪 3(1−1,2−0)1 横浜Fマリノス(神戸ユニバー)
(予想は G大阪 2−1 横浜M で、勝敗のみ当たり)

 前半はしっかと抵抗した感のある横浜Mだったと思う(前半は中継がなかったので自信なし)のですが、後半はG大阪の底力にやられてしまったようですね。
 横浜Mも悪くはなかったと思うんですが、G大阪の方がやはり一枚上手だという印象を残した試合でした。


★ヴァンフォーレ甲府 0(0−1,0−1)2 コンサドーレ札幌(ユアスタ)
(予想は 甲 府 3−2 札 幌 で、ハズレ)

 甲府の計算が狂った場面があったとしたら、それは開始直後の失点でしょうか。あれで甲府はとにかく前々で行くしかなくなってしまいました。ただ、甲府はそれほど悪くなかったと思いますよ。
 5回戦で2得点のジョジマールこそいませんでしたが、倉貫・茂原・須藤の3トップや、これをサポートする藤田・石原という辺りが、実にエキサイティングに動いていて、面白い甲府のサッカーはできていたと思います。
 が、それをコンプリートさせなかった札幌の強かさこそ、実はこの試合を決めた大きな要素ではなかったかと思いました。こちらも甲府に負けじとピッチを動き倒していましたが、そのことが甲府を戸惑わせた感があります。
 そして、その積極性が加賀の駄目押し点(あれはいいゴールでした)を生み出したということが言えます。セットプレー(CK)の付帯的なプレーでしたが、攻めの手を緩めなかったからこそのゴールだったと思います。
 警告が6枚と多発したせいか、次は出場停止者が結構多い状況でガンバとの試合に臨みますが、どうか頑張ってほしいところですね。


さて、これら結果に伴い、12月29日の準決勝は以下のカードになります。

浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ(国立霞ヶ丘・15時)
ガンバ大阪 vs コンサドーレ札幌(静岡エコパ・13時)

どちらも、NHK総合で生中継の予定です。
posted by KAZZ at 23:24 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

小野伸二の使い方

第86回天皇杯サッカー全日本選手権準々決勝@埼玉スタジアム

浦和レッズ 3(0−1,3−2、0−0,0−0,PK10-9)3 ジュビロ磐田

<得点>
浦)永井(54')、小野(63')、小野(80')
磐)前田(31')、福西(46')、犬塚(81')

<浦和レッズのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:23都築
DF:19内舘、 2坪井、 3細貝
MF:14平川(HT→18小野)、13鈴木啓、17長谷部、16相馬(102'→ 7酒井)、6山田
FW:10ポンテ、 9永井(90'→12黒部)

(出場しなかったサブ)
GK: 1山岸、DF:36堤、FW:30岡野、34エスクデロ

<ジュビロ磐田のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:21佐藤洋
DF:33犬塚、 2鈴木秀(83'→22カレン)、20金珍圭、27上田
MF:17太田、 8菊池、25ファブリシオ、23福西(78'→ 4大井)
FW:18前田、11西(70'→28船谷)

(出場しなかったサブ)
GK:31松井、MF:10成岡、FW:15西野

<警告・退場>
浦)長谷部(19'・警)、ポンテ(76'・警)、山田(86'・警)、鈴木啓(103'・警)
磐)福西(15'・警)、ファブリシオ(62'・警)、上田(73'・警)、ファブリシオ(試合後・警×2→退)

<PK戦>
浦和(先)1 18=○ 2  6=○ 3 10=○ 4  7=○ 5 17=○ 6 23=○ 7 19=○ 8 13=○ 9  2=○ 10  3=○
磐田(後)1 18=○ 2 17=○ 3 20=○ 4 27=○ 5 25=○ 6 28=○ 7 22=○ 8  8=○ 9  4=○ 10 33=×



昼、この試合をずっとテレビ観戦していましたが、
小野が入るまでの浦和と、入ってからの浦和とでは、
いろいろ違う点が出てきたな、というのがこの試合でした。

最も顕著だったのは、全般的に積極性が出たことでしょうか。

前半なんて、典型的な「あなた任せ」で誰も出て行こうとしないし、
そのせいで中盤辺りにデカいスペースがガラーンと空いていて
そこを磐田の連中に狙われるような、そんなことばかりでした。

それが小野を入れてきて、いきなり出鼻をくじかれてからが違いましたね。
浦和の、特に守備的な中盤から前の選手たちが
絶妙に連動しながらスペースを埋め、且つ前で厚いプレッシャーをかけていく
んです。
その中心にいたのが、今日の小野伸二でした。

小野は自分を活かし、周りも活かそうと、
周囲に目配りをしながら動いている
印象がありました。
彼が浦和の攻めという木の幹になることで、
周りが活性化すれば良い
、という感じだったんでしょうが、
それが結果的に生きて、小野自身の2得点を含む3連続得点で
見事に逆転に成功したのですから、大したものですよ。

ただ、それだけに小野の勝ち越し点直後に
犬塚に喰らった同点弾だけはいただけなかった
ですね。
今季2冠を狙うチームとして、ああいう失点は論外でしょう。
あれに端を発したPK戦までの進行は、浦和自身の責任です。

逆に、磐田の立場で見ると、せめて前半にもう1点取っておきたかったですね。
後半、浦和に畳み掛けられた時間を除いてはそう悪くなかっただけに、
特に浦和の調子が悪かった前半にもう1点いけていれば・・・
あと、延長後半のカレン・ロバートの空振りなんてのもありましたっけ。
ここというところで決めきれなかったが故に、
こういう試合になった
ものと思うしかない、そんな試合でした。

PK戦は、誰も失敗した犬塚を責められないでしょう。
こういうのは、結局は誰かが失敗するもんですし。
犬塚も、これを一つの経験と思って来季以降につなげるしかありません。

ともかく、思ったより面白くなった試合でした。
posted by KAZZ at 21:57 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

来季のJFL参加チーム確定

JFL/地域リーグ入れ替え戦第2レグ@長良川球

FC岐阜(地域決勝2位) 4(1−0,3−1)1 ホンダロック(JFL)

<得点>
岐阜)片桐2(24'、61')、小島(82')、伊藤(85')
HL)水永(89')

(FC岐阜が2勝でJFLに昇格。ホンダロックは九州リーグに降格)


というわけで、FC岐阜の選手・関係者・サポーターの皆さん、
JFL昇格おめでとうございます


ホンダロックは第1レグでの完敗が全てだったようです。
あれで萎えてしまったのかな、という印象を受けました。

岐阜は2試合通じて攻撃的にやれたのが良かったようですね。
この試合の最終盤での退場と失点が余計でしたが、
それ以外は概ね良かったのではないでしょうか。


さて、これで来季のJFL参加チームが確定です。
★印が既存のチーム、☆印が新規参入、※が合併再編による新チームです。

★Honda FC
★YKK AP
★アローズ北陸
★栃木SC
★SC鳥取
★ジェフ・クラブ
★流通経済大学
★アルテ高崎
★FC刈谷
★ロッソ熊本
★横河武蔵野FC
★三菱自動車水島FC
★ソニー仙台FC
★FC琉球
★佐川印刷SC
※佐川急便SC
(佐川急便東京SCと同大阪SCが合併)
☆TDK(地域決勝1位)
☆FC岐阜(地域決勝2位・入れ替え戦勝利)

来季もこれら18チームによるタフなリーグ戦が行われることでしょう。
我らがSC鳥取は果たして目論見通りにJ参入を果たせるのか。
昇格組はどういう活躍をするのか。
そして、厳しいリーグ戦を勝ち抜くのは何処のチームなのか。

来季もJFLから目が離せません
posted by KAZZ at 20:55 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | JFL全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

有馬記念予想

第51回 有馬記念(GI)枠順(JRA)

中軸にしなければならないと思っているのは、以下4頭。

★ドリームパスポート
★コスモバルク
★メイショウサムソン
★トウショウナイト


中心はドリームパスポートですね。
というより、そろそろG1を勝たせてあげたい馬ですよ。

相手の1番手はコスモバルクで、
僅差でトウショウナイトとメイショウサムソン。
メイショウはローテがややキツめなので4頭の中では少し落ちる評価ですが、
実力では差がないと見ています。
コスモバルクはここで一発狙ってくるでしょうし、
トウショウナイトもこれぐらいの距離で実力を出してくる馬です。

さて、ディープインパクトなんですが、
今回は敢えて目もくれません。
放っておいても1番人気になるでしょうし、高評価も受けるでしょう。
でも、前年の有馬記念で負けているということを忘れてはいけないし、
タフなレースに持ち込まれた時に、凱旋門賞のように上手く立ち回れない、
ということも忘れてはいけません。

というわけで、ディープは外しです。

記号を敢えてつけるなら・・・

◎ドリームパスポート
○コスモバルク
▲トウショウナイト
△メイショウサムソン

・・・ってな感じでしょうか。
posted by KAZZ at 20:06 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(予想) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。