2006年12月06日

木下監督退任へ

SC鳥取・木下監督退任へ(山陰中央新報)

リーグ戦の終盤において、
何かこう微妙なコメントを残すようになったなあと思ったら、
こういうことだったんですね。

まあ、御本人が決めたことのようですし、
何はともあれお疲れ様と今は言っておきましょう。

次の監督、どんな人になるんでしょうね。

敢闘賞の男

第8回日本フットボールリーグ表彰式 受賞者(JFL公式)

SC鳥取から、ただ一人、
敢闘賞として、GK・清水裕之が選ばれました

言うまでもなく、不惑の大台にいる、
我らがSC鳥取のぬりかべさん
であります。

とは言っても、先日引退を表明し、
来季以降、JFLのピッチに立つことはないのですが。
言うなれば、清水さんに最後のプレゼントですね。

清水さんは、たとえピッチにいなくとも存在感のある方でした。
あの人は、SC鳥取という扇の要みたいなものです。
ゴールマウスの前に立って前を見据える清水さんは、
年齢に関係なくサッカーはやれるものだと身を以て教え
且つ、努力すればできないことはないんだと
自らのプレーで証明している
、そんな存在でした。

SC鳥取サポなら、こう思うかもしれません。
清水さんは毎年のように敢闘賞ものなんだと。
時々見せるポカも、それ以外の見事なプレーあってこそのものなんだと。
私たちはそんな清水さんを忘れません。

清水さん、敢闘賞おめでとうございます
そして、お疲れ様でした
posted by KAZZ at 20:40 | 島根 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。