2006年11月27日

ホ・リ・テツヤ! ホリテツヤ!

後期第16節・SC鳥取 2―1 佐川印刷SC(山陰中央新報)

え〜、試合の方はともかく、問題は↑の記事の後段であります。

そこを引用しますね。


<引用開始>

 「Jリーグを目指す」 あらためて宣言

 「どうしても先輩たちを勝利で送り出したかった。勝ててよかった」

 決勝ゴールを決めたSC鳥取のFW増本が満足そうに話した。

 12月中を予定しているチームのプロ化。J2昇格に向けて必要なこととはいえ、退団を余儀なくされる選手も数人、必然的に出てくる。

 その一人が中学校教師で、この日スタメンのFW堀。試合前は「このお客さんの前でプレーするのも最後か」と気合を込め、終了後は「増本からいいプレゼントをもらった」と笑顔を見せた。

 「来年はプロとして戦い、Jリーグを目指す」

 SC鳥取の尾形代表はスタンドのサポーター1618人に向かい、あらためて宣言。堀は「プレッシャーも責任も大きくなるが、なんとか結果を出して」と、新たな道を歩み始めた後輩にエールを送った。


<引用終了>


プロ化宣言が出るということは、
少なからず退団者が出るんだろうなと思っていたのですが、
現役引退を表明していた清水さんのみならず、
堀徹也(#14・MF/FW)にも決断の時だったらしく、
上記の記事にあるように、今季限りでの退団を明らかにしたようです。

堀君はいつ見ても物静かではにかんだような笑みを見せる、
そんなお人でしたが、ひとたび試合に出ると
与えられたポジションをクールにこなそうとするタイプの選手でした。
プレースキッカーとしても活躍してましたね。

彼は米子市内で中学教師をやっているそうですが、
教師の仕事とサッカー選手との折り合いを
今までは上手くつけていられたんだと思います。

しかし、チームが近い将来のプロ化とJ参入を本格的に宣言することになり、
彼はたぶん相当に悩んだのかもしれません
サッカー選手としての夢に賭けてみるか
教師として子供たちと触れ合いつつ
サッカーを通じて子供たちに何かを教えるか
のどちらを取るか、
そこで相当に逡巡したのかもしれません。

ただ、上の記事を見る限り、堀君の決意は固まったようです。
結論を出すまでには時間がかかったと思うのですが、
彼が教師を続けるという決断をしたのなら、
それを尊重してあげることしかできない
と思うのです。

でも、ちょっとだけ繰り言を言わせてもらうと、
やっぱり彼が抜けるのは残念だなと思います。
あの涼しげな表情から見せるエレガントなプレーが見られないのは
何とも残念でなりません


ともあれ、堀君の次なるステップにエールを送りたいと思います。


ホ・リ・テツヤ! ホリテツヤ!

ホ・リ・テツヤ! ホリテツヤ!

ホ・リ・テツヤ! ホリテツヤ!


堀君、次のステップでも頑張ってくれよな
そして来週、自分で有終の美をしっかり飾りなよ!
posted by KAZZ at 20:25 | 島根 ☔ | Comment(6) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。