2006年10月31日

報知はナメてんのか?

G大阪、天皇杯格下相手でも全力(スポーツ報知)

・・・てめい、報知!
湘南ナメてんのか、コラ。
そんなこと書いてっと、
3年前の浦和方面みたいに、吹田方面負かしちゃうぞ(笑)

ま、ガンバさんは全力で来るそうなので、
湘南ベルマーレの選手の皆さん、
ここは一つ、チャレンジャーの気持ちで戦ってくださいませ
一生懸命やったら、ひょっとしたら勝てちゃうかもしれませんよ。
posted by KAZZ at 21:07 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月30日

ダイワメジャーとヤエノムテキ

第134回 天皇賞(秋)(JRA公式)

レースの方は見てないんで、内容をどうこう言うのは割愛しますが、
ダイワメジャーが勝ったと聞いて真っ先に思い浮かべたのが
1990年の天皇賞・秋の勝馬、ヤエノムテキでした。

ダイワメジャー - Wikipedia
ヤエノムテキ - Wikipedia

ヤエノムテキの時はロングニュートリノ、
ダイワメジャーの時はインティライミと、
それぞれにハイペースで逃げてくれた馬がいて
それが奏功したということも言えるようですが、
ダイワメジャーは2番手にいたそうですからね。

ただ、雌伏の時を過ごしてきての実りある戴冠という意味では
どっちも素晴らしいことには違いないわけで、
ダイワメジャーの今後が非常に楽しみであります。
posted by KAZZ at 21:00 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月29日

江後賢一御前試合

JFL後期第11節@東山陸

SC鳥取 2(0−1,2−1)2 ロッソ熊本

<得点>
鳥)内山(54'=PK)、増本(56')
熊)熊谷(12')、町田(89')

<SC鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:20清水
DF:18渡部、19田村、 4下屋敷、28下松
MF:11西村、 2安東(77'→17実信)、 8中垣、24金(69'→30原)
FW:15内山(82'→29太田)、22増本

(出場しなかったサブ)
GK:21柴田、 3山村

<警告・退場>
鳥)原(88'・警)
熊)朝比奈(53'・警)

<観客>
887人

<今節終了時の成績>
5勝14分9敗 勝点29 得点51 失点49 差+2
公式のデータ(不明部分は後ほど修正します)


どっかで見たようなヤツがいるなあと思ってたら、
江後賢一(現・愛媛FC)が来場してるんですよ。
うわ、マジかよ!」と驚きましたですねえ。

そういえば、江後くんのチーム(愛媛FC)は金曜に試合やってたんで
こちらのエントリ参照)たまたま時間が空いたのでしょう。
久しぶりにちょっと話をしましたが、彼、やっぱいいヤツです。

試合前には、強風に煽られて入場ゲート付近のテントが2張り飛んだり、
陸上トラック上に置いてあったスポンサー看板が飛んだり、
大変なことになってました
ね。
幸い、どちらも特に怪我人などは出なかったようです
スポンサー看板なんかは結構ひらひら舞ってましたが、
あれが試合中に起きてたらと思うとゾッとします
ね。
いずれにせよ、試合中の出来事でなかったのが幸いです

で、試合。

もうちょっといろんな意味で積極性を持ってほしいなあ、と。
例えば、競ってこぼれたボールが生じたとするじゃないですか。
すると大抵スッと寄っていくのはロッソの連中で、
遅れて緑色のユニがモソモソ駆け寄っていく。
出足の悪さがどうにも気になって仕方がなかったですね。

ポジションも、なんだかわけのわからん填め方をしたのか、
間合いが伸びきったようなことをやっているし・・・。
そりゃ先制もされますよ。

ただ、後半10分前後の2得点は良かったと思いますよ。
PKゲットにしても、増本の得点にしても、抜け目がなかったです。

そっからしばらくして、ロッソが猛攻をかけてきましたが、
正直、ちょっと焦りで迫力が足りない印象を受けました。
最終的に同点にはされましたけど、圧力はそれほどなかったような。

あと、特筆しておきたいのは清水さんです。
あの人、今日は非常に切れてましたね。
少なくとも3点、いや、それ以上かな、とにかく見事に止めてました
ただ、そんな清水さんに頼りすぎてしまうDF陣って・・・

新加入組の原・太田も出場してましたが、
両者ともなかなかいい動きをしていたようです。
特に原は見せ場も作ってくれました。今後に期待の持てる選手です。

正直、今日は勝てていた試合でした
でも、引き分けた。そこをどう改善していくかですね。
来週こそは勝たなきゃダメですよ
posted by KAZZ at 21:38 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

梶原公選手、加入

梶原公選手(大分トリニータ)新加入のお知らせ(SC鳥取公式)

梶原公選手 SC鳥取(JFL)へ期限付き移籍のお知らせ(大分トリニータ公式)


てなわけで、梶原公(かじわら・あきら)のレンタル移籍が決まった
(本日配布のマッチデープログラムにまで書いてありました)のですが、
試合会場を見回しても肝心の御本人がいない。

「あれ?」と思ったら、大分のページを見て納得がいきました。
まだチームに合流しとらんのですね。
31日からSC鳥取に合流するんだそうです。

リーグ戦出場なしというのが気にはなりますが、
若さでアピールしてくださいませ。
posted by KAZZ at 21:20 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月28日

赤い跳ね馬に一泡吹かせてみたい

さて、SC鳥取は明日、JFL後期第11節を東山陸上競技場で戦います。
相手はロッソ熊本。14時キックオフです。

・・・ま、敢えていろいろ言いますまい。


とにかく勝て!



これだけ言っときます。
赤い跳ね馬軍団に一泡吹かせてやろうじゃないですか
posted by KAZZ at 20:35 | 島根 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合前日・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月27日

余所様の芝生は青く見えるもの

ロッソ熊本、J加盟へ競技場など問題なし(スポーツ報知)

今度の日曜に対戦するロッソ熊本の記事なんですが、
こういうの見てると、機運ってのは大切だなと思ったりしますね。

一方で、SC鳥取は準会員申請を2度見送り
成績の方もイマイチ振るわないという状況で・・・。
掛け声は勇ましいのに、機運がまるで盛り上がらないというのは
どうにも歯痒い気がしてなりません

とはいえ、このようなチームに一泡吹かせることでもできたら、
こちらの機運も盛り上がってくれるかもしれない
と思うわけでして。

日曜のロッソ戦、勝てるといいですなあ
posted by KAZZ at 21:33 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

3位以内確定ならず&バクスター復帰

Jリーグディヴィジョン2第47節@愛媛県陸

愛媛FC 0(0−0,0−0)0 ヴィッセル神戸

<得点>
愛)なし
神)なし


この試合に神戸が勝つとJ2での3位以内確定だったらしいんですが、
それはお預けってことになったようです。
そのことを知って、少し緊張でもしたんでしょうか。


それと、前監督のバクスターが戻ってくるらしいですな。

J1目前神戸にバクスター前監督復帰(スポーツ報知)

娘さんの方は大丈夫なんでしょうかね。

ちなみに、今度は監督ではなくコーチ格で復帰なんだそうですよ。
そりゃまあ、そうでしょうね。松田監督いますし。
posted by KAZZ at 21:19 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月26日

イベントちゃん・Vol.2

《 中海テレビ ECOM DAY 》ホームゲームイベントのお知らせ(SC鳥取公式)


また何かやるようですね。
住宅展示場のイベントと共催らしいです。

お客さん、どの程度来ますかねえ・・・。
posted by KAZZ at 20:34 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(イベント) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月25日

原信生選手が加入!

原信生選手(ヴィッセル神戸)新加入のお知らせ(SC鳥取公式)
MF原信生選手、SC鳥取(JFL)へ期限付移籍決定(ヴィッセル神戸公式)

2ヶ月と短いレンタル期間ではありますが、
だからこそ強い印象(もちろん、いい方ですけど)を残してほしいものです。

経歴を見ると、セレッソ大阪〜横浜Fマリノス、
そしてヴィッセル神戸と渡り歩いていますね。
2月のバードではDFラインの一角として先発出場していましたが、
前半45分でお役御免となっていました。

そんな選手ですが、来てくれた以上は早くチームに溶け込んで
主力として活躍してもらいたい
ところです。
posted by KAZZ at 19:53 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月24日

ミハエル・シューマッハ

M・シュー執念のラストラン/F1(日刊スポーツ)
16台抜きも“シュー幕”逆転王座ならず…F1ブラジルGP決勝(スポーツ報知)

生年月日が私と僅か2日しか違わないミハエル・シューマッハ。
でも、彼と私とではエラい違いなんですが・・・。

いろいろと毀誉褒貶のあったドライバーでしたが、
あくなき勝利追求の姿勢は高く評価されて良いんじゃないでしょうか。
1980年代以降、長く低迷期にあったフェラーリを甦らせた
という実績も評価に値すると考えます。

ただ、勝利追求が高じて時折ムチャをすることもありましたし、
そのせいで非難を浴びることも間々あったことは事実です。
そこは若干割り引いて考えなければならないのかもしれません。

でも、彼の素晴らしいところを一つ挙げるとするならば、
どんな状況下にあっても、決してチームを批判しなかったということ。
もちろん、彼が絶対的エースとして押し立てられているから
という言い方もできるのですが、それでもそれまでのドライバーは
何処かでチームに批判的なことを言うケースもあったのに
シューマッハは最後までそれをしなかったのですから、
その点は認めなければなりませんね。

これでもフェラーリ大好きな私ですが、
正直、シューマッハにはもう一つ肩入れできない自分もいました。
ただ、彼がフェラーリで残した功績は認めますし、
彼がいなければ「かつての名門」という括りでしか語られなかったであろう
深紅の跳ね馬が、勇躍するなんてことはなかった
ことを考える時、
やはりシューマッハの偉大な足跡は認めなければいけないと思います。

ミハエル・シューマッハには、本当にお疲れ様と言いたいです。
そして、ありがとう、とも。
posted by KAZZ at 22:10 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のスポーツ このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月23日

Wikipediaに載った西村英樹

SC鳥取の#11、ヒデこと西村英樹
Wikipediaに載りました
SC鳥取の現役選手では今のところ唯一ですよ。

西村英樹 (サッカー選手) - Wikipedia

西村は、今でこそSC鳥取の主力選手なんですが、
2002年に一度、サンフレッチェ広島からレンタル移籍してきて、
しばらく在籍していたことがあったりします


その頃のSC鳥取はJFL残留を巡る熾烈な争いの渦中にいて、
まさにタイトロープの状況が続いていたんですが、
そこに彼はやってきて、試合に出場して、残留への大きな力になりました

その後、再びサンフレッチェに戻っていったんですが、
故障などの影響もあって、試合に出られないことの方が多く、
結局、サンフレッチェではあまり活躍できなかったようです。

そんな西村が、2005年にSC鳥取に戻ってきました
今度は完全移籍という形で。

主にサイドのMFとして、時にはFWとしても出場し、
SC鳥取の攻めの屋台骨を支える選手として活躍しています。

昨年(2005年)までSC鳥取に在籍していた
江後賢一
(現・愛媛FC)という選手がいますが、
この江後に比較的近いタイプの選手
と言えそうです。
ただ、江後はスピードでの勝負に重きを置く選手なのに対して、
西村はテクニックに重きを置くタイプと言える選手です。

そんな西村に求められるのは、やはりゴールです。
昨季なら増本、今季なら内山というように、
前線でゴールを量産できる選手がいる一方で、
西村のようなサイドアタッカーは、それらに次ぐ二の矢、三の矢として
ガンガン相手陣を掻き回してほしい
ところです。
そして、西村にはそれができると信じています

実際、いい男ですよ、彼は。
時々、インタビューでハジケた姿を見せてくれたりもします
ここんとこチームは停滞期に入ってるようですが、
西村が起爆剤になって再び上向きになるといいですね
posted by KAZZ at 21:44 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(選手) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月22日

ヒデがデザインしたユニ

こちらのエントリで御紹介した、
中田英寿デザインによる湘南ベルマーレJr.ユースのユニの続報です。

中田英寿氏がデザインを監修・提供! Jr.ユース代表ユニフォーム完成
中田英寿氏がデザインを監修・提供! Jr.ユース代表ユニフォーム発表
(共に、湘南ベルマーレ公式)

シャープさのある、いいデザインだなあという印象です。
青と白基調のシンプルなデザインですが、
真ん中のチームロゴのバックにしつらえてある
「波」を象ったと思われるワンポイントが良いですね。

この新しいユニで、湘南ベルマーレの将来を担う若い子たちが
各種大会で大活躍してくれることを期待します。
posted by KAZZ at 19:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

風の歌と夢のパスポート

第67回菊花賞結果(JRA公式)

アドマイヤメインが大逃げを打った時
さすがに「うわっ」と思いましたね。
武豊は何考えてんの、という気持ちになりました

1,000m通過が58秒台(58秒7)というのは、
菊花賞としては速いペース
だと思うわけで、
こりゃ潰れるぞと思いつつ見ていたわけなんですが、
2周目4角に来ても全然潰れそうな気配がないのを見て、
あれれれ?」と思いました。

そうなってくると、苦しいのはメイショウサムソンでした。
逃げるアドマイヤメインを自分で捕まえに行くしかなかったんですが、
メイショウサムソンは自分もマークされる立場だったために、
早めに動かざるを得なかった
んでしょうね。

直線でまだ相応に差があったアドマイヤメインを
仮に捕まえるのがいるとしたら、
ソングオブウインドとドリームパスポートであろうと思っていましたし、
これはある程度自分の中では織り込み済みでした。

ただ、アドマイヤメインがあんなに粘るとは・・・
あれだけはまったく想定していませんでした

メイショウサムソンは仕方がないと思います。
石橋守もよく乗ったんじゃないでしょうか。
ただ、武豊にああいうプレーをやられたことは大きいですね。

勝ったソングオブウインドは凄まじい切れ味を見せてくれましたね。
2着に追いすがったドリームパスポートも、
神戸新聞杯の時同様、キレのある末脚で追ったんですが、
何分、競った相手の勢いが勝っていた印象です。

残念ながら2年連続三冠馬の誕生を見ることはできませんでしたが、
逆に面白いレースを見せてもらったという印象です。
posted by KAZZ at 18:20 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月21日

Designed by HIDE

こんな記事を発見しました。
全文引用してみますね。


ヒデがユースのユニホームをデザイン(デイリースポーツ)

<引用開始>

 サッカーJリーグ2部の湘南ベルマーレは21日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会を最後に現役を引退した元日本代表の中田英寿氏が、かつて所属した同クラブのジュニアユースチームのユニホームをデザインし、22日にお披露目を兼ねた記者会見を行うと発表した。中田氏は会見に同席しない。

 以前から古巣のスポンサーを務めるなど支援を続けていた中田氏に2年前、湘南がデザインを申し出た。当時、イタリア1部リーグ(セリエA)フィオレンティナに在籍していた中田氏が快諾し、このほど完成した。

 湘南によると、このユニホームは通常の試合では着用せず、全国大会など大舞台だけで使用する特別なものとしている。


<引用終了>


ヒデとベルマーレのつながりは、今もしっかり息づいているんですなあ。
まだ図柄とかは明日行われるらしい会見以降でないとわかりませんけど、
どんなデザインをしたんでしょうか楽しみですねえ

そして、ヒデがデザインしたユニを着て、
ベルマーレJr.ユースの選手たちが
大きく羽ばたいてくれることを願いたい
ものです。
posted by KAZZ at 21:53 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

札幌ドームにて

Jリーグディヴィジョン2第46節@札幌ドーム

コンサドーレ札幌 1(1−3,0−1)4 ヴィッセル神戸

<得点>
札)フッキ(27')
神)近藤(16')、三浦淳(29')、朴康造2(32'、65')


数日後には日本シリーズの舞台になる札幌ドームなんですが、
そんなドームで札幌相手に大暴れの神戸。
1コ前のエントリにもあるように横浜FCは勝ちましたが、
関係なく首位に立っちゃってますね。
(今節は柏レイソルの試合がありません)
posted by KAZZ at 21:24 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク

何とかしてくれ

Jリーグディヴィジョン2第46節@平塚

湘南ベルマーレ 0(0−1,0−0)1 横浜FC

<得点>
湘)なし
C)三浦知(19')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:25植村
DF:30須田(83'→26鶴見)、 4村山、 3田村、21尾亦
MF:10アジエル、15北島、 7佐藤悠、 8坂本(HT→24加藤望)
FW:14永里、19石原

(出場しなかったサブ)
GK: 1伊藤友、DF:17冨山、FW:29横山

<警告・退場>
湘)田村(5'・警)、アジエル(40'・警)、北島(59'・警)
C)城(36'・警)

<46節終了時の成績>
13勝9分21敗 勝点48 得点56 失点74 差−18


どうなんでしょうねえ・・・。

首位戦線にいる横浜FC相手にこのスコアなら上出来とも言えますが、
それならもうちょっとやりようもあったんじゃないかって、
そういう気もするわけで・・・。

何とかしましょうよ、ね。
posted by KAZZ at 16:16 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

言葉が出てこない

JFL後期第10節@ひたちなか

流通経済大学 2(2−1,0−0)1 SC鳥取

<得点>
流)儀間(29')、澤口(44')
鳥)内山(32'=PK)

<SC鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:20清水
DF: 2安東、 3山村、19田村、28下松
MF:24金(63'→11西村)、17実信、 8中垣、14堀(73'→ 9小林)
FW:15内山、22増本

(出場しなかったサブ)
GK:21柴田、DF: 6濱田、MF: 7山崎

<警告・退場>
流)古西(54'・警)
鳥)内山(43'・警)、安東(64'・警)

<今節終了時の成績>
5勝13分9敗 勝点28 得点49 失点47 差+2
公式のデータ(データの不明部分はまた後ほど)


ヽ(*`Д´)ノ
posted by KAZZ at 15:38 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月20日

とにかく勝ってこい

てなわけで、SC鳥取は明日、茨城県ひたちなかで
JFL後期第10節を、流通経済大学と戦います。
キックオフは13時。


・・・で、まあ、何が言いたいかって話ですが、
御存知のように、前節はホーム・東山陸上競技場で
刈谷相手に無様な試合をしちゃったわけです。
スコアこそ3−4と接戦でしたが、
ライブで見てた私らにとっては、どうにも許し難い試合でした。

で、明日も明日で西村が出場停止(※)のようですが、
だからどうした、俺たちはとにかく勝ってやるんだ!
ぐらいの強い気持ちで試合に臨んでもらわないと困るんですよ。
「気持ちは入ってる」と彼らは言ってますが、そんなことは当たり前。
流経大とは比較的相性がいい部類なんですが、
そんなことに囚われず、全力で勝ってきてもらわないと
人なんてついてきやしません

それこそ、今後のホームの観客動員とかにも響くでしょうし、
何より「Jに向かう」という機運だって萎みかねない
そんなのは真っ平ゴメンですよ

四の五の言わずに、とにかく勝つ!

明日はこれしかありません
続きを読む
posted by KAZZ at 20:16 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合前日・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月19日

菊花賞の予想をしてみる

第67回菊花賞(GI)枠順確定(JRA)

今のところ、ですが。
(この後に出走取消等があった場合は予想が変わっちゃうかもしれません)

◎メイショウサムソン
○ドリームパスポート
▲ソングオブウインド
△トーセンシャナオー
×ネヴァブション
注ミストラルクルーズ


・・・ぐらいの感じで。

メイショウサムソンには、ぜひ三冠行ってほしいですね。
石橋騎手にはとにかく落ち着いて騎乗してほしいところ

怖いのはドリームパスポートだと思うんですが、
何もこんな時に手替わりしなくたって・・・
高田潤を乗せてたら、私、こっちを◎にしてましたよ。
横山典弘がダメだってんじゃないですよ。
彼は素晴らしい乗り役だと思います。
でも、あの馬は高田潤でこその馬だと思うんですよ。

残りの4頭は結構不気味な存在感があると思うんで・・・。
特に▲のソングオブウインドは要注意だと思いますよ。
posted by KAZZ at 20:45 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(予想) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月18日

20敗目

Jリーグディヴィジョン2第45節@味スタ

東京ヴェルディ1969 3(1−0,2−1)1 湘南ベルマーレ

<得点>
V)大橋(9')、富澤(48')、シウバ(68')
湘)石原(81')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:25植村
DF: 4村山、22松本、 3田村、21尾亦
MF:10アジエル、15北島(82'→ 5ニヴァウド)、 7佐藤悠、 8坂本(69'→29横山)
FW:14永里(69'→24加藤望)、19石原

(出場しなかったサブ)
GK: 1伊藤友、30須田

<警告・退場>
V)マルクス(41'・警)、一柳(69'・警)
湘)村山(66'・警)、松本(84'・警)

<45節終了時の成績>
13勝9分20敗 勝点48 得点56 失点73 差−17


気がつきゃとうとう20敗目

そこまで負けないと何もわからんのですかね。

いや、そこまで負けても、まだ何もわからんと言うべきなのか。

どっちでもいいですけどね、ハハハ・・・。


とにかく勝てよ!マジで!
posted by KAZZ at 21:58 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

首位争いの最中

Jリーグディヴィジョン2第45節@神戸ウイング

ヴィッセル神戸 1(0−0,1−0)0 モンテディオ山形

<得点>
神)三浦淳(59')
山)なし


何だかんだ言って、それ相応に勝ってますね。
天皇杯に負けたことで、J2のリーグ戦に狙いを絞りやすくなったせいか、
戦いぶりが吹っ切れてるのかもしれません。

それにしても、1〜3位が勝ち点2の中にひしめいているという
凄まじい混戦模様ですな。
posted by KAZZ at 21:39 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月17日

戯言を言ってみる

SC鳥取J昇格実現へ1万人動員計画(山陰中央新報)

いろいろツッコミたいのは山々なんですが、とりあえず一つだけ。



試合で客が呼べるチームにならないと



・・・ね。

そのためにも、問題のソニ仙戦までの全試合、
1つたりとも負けちゃいけませんよ
posted by KAZZ at 20:46 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(その他・06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月16日

テル、オーストラリアへ?

元日本代表の岩本輝雄がクラブW杯出場へ(日刊スポーツ)
オセアニア代表のオークランドCに元日本代表・岩本が入団(サンスポ)


あら?

たった2ヶ月前には
アビスパ福岡に入るの入らないのって話になっていたような・・・。
こちらのエントリ参照のこと)

何がどうしちゃったんでしょうか?

しかも、どうやら入団した暁には
クラブW杯出場とかいう話にまでなってますが・・・。

この人の動向はよくわかりませんですな・・・。
posted by KAZZ at 20:51 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ全般 このエントリーを含むはてなブックマーク

吉井がロッソへ

吉井孝輔選手 ロッソ熊本に移籍のお知らせ(湘南ベルマーレ公式)
吉井がロッソ熊本へ=J2の湘南発表(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

そんなに選手層厚くないのに、
何でまた今頃になって選手出すんですか。

まあ、決まったものは仕方ありません。
頑張ってきてくださいませ。

・・・ていうか、下手するとSC鳥取との試合に出てきたりしませんか?
(10月29日にSC鳥取はホームでロッソ熊本と対戦)
posted by KAZZ at 20:20 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(新入団・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月15日

恥ずかしい

JFL後期第9節@東山陸

SC鳥取 3(1−1,2−3)4 FC刈谷

<得点>
鳥)増本(28')、実信(70')、堀(86')
刈)中山2(30'、71')、吉田(58')、宮田(84')

<SC鳥取のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:20清水
DF:28下松、16青柳(74'→18渡部)、 3山村、19田村
MF:11西村、17実信、 8中垣、 7山崎(HT→14堀)
FW:15内山、22増本

(出場しなかったサブ)
GK:21柴田、MF:24金、FW: 9小林

<警告・退場>
鳥)西村(21'・警)
刈)小林(36'・警)

<観客>
1,705人

<今節終了時の成績>
5勝13分8敗 勝点28 得点48 失点45 差+3
公式のデータ(データの不明部分はまた後ほど)


そらブーイングも喰らうっちうねん。

こっちが恥ずかしくなるよ、本当に。
posted by KAZZ at 21:56 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月14日

ガッツリと

さてさて、SC鳥取は明日、
JFL後期第9節を東山公園陸上競技場で戦いますよ。
14時キックオフ、相手はFC刈谷でございます。

午前中の前座試合(10時キックオフ)として、
SC鳥取の弟分にあたるヴェルドールも試合をしますよ。
こちらは高円宮杯の県予選決勝なんだそうで、楽しみですね。

こちらのエントリにもあるように
いろいろとイベントも企画されているようなので、お楽しみに。
(あの有名な熱血アニキの歌が聴けたりするかもしれません)

で、試合の方ですが、刈谷とは旧デンソー時代から
何故かいい試合をしてしまう傾向が多いわけですが、
そんなことしてる場合じゃございません。

とにかく、ガッツリ点取って勝つこと

これ以外にないです
全力で勝ちに行きましょう!
posted by KAZZ at 20:35 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合前日・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

・゚・(つД`)・゚・

Jリーグディヴィジョン2第44節@平塚

湘南ベルマーレ 2(2−0,0−4)4 徳島ヴォルティス

<得点>
湘)アジエル(4')、永里(40')
徳)大島2(56'、65')、小林康2(70'、71')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:25植村
DF:30須田、 3田村、 4村山、21尾亦(78'→31アマリウド)
MF:10アジエル、15北島、 7佐藤悠、 8坂本(78'→18池田)
FW:14永里、19石原(82'→24加藤望)

(出場しなかったサブ)
GK: 1伊藤友、FW:29横山

<警告・退場>
湘)なし
徳)大森(29'・警)、辻本(42'・警)、金位漫(59'・警)

<44節終了時の成績>
13勝9分19敗 勝点48 得点55 失点70 差−15


言葉が出ねえよ・・・
posted by KAZZ at 17:01 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

モチベーションが違ったか

Jリーグディヴィジョン2第44節@水戸

水戸ホーリーホック 1(1−2,0−0)2 ヴィッセル神戸

<得点>
水)眞行寺(14')
神)相手OG(32')、栗原(40')


自動昇格を目指そうってチームが
こんなとこで負けてられませんよね。

共に先日の天皇杯3回戦で負けたチーム同士の対戦ですが、
この辺はリーグ戦に向けてのモチベーションの違いが
如実に出たのかな、というような風に思えますね。
posted by KAZZ at 16:25 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月13日

選手とコーチが新加入

太田遼選手新加入決定について(SC鳥取公式)
畑野伸和氏コーチ就任について(SC鳥取公式)

てなわけで、選手とコーチが新加入です。

太田選手はチームに帯同している姿を見たことがある人が
ひょっとしたらいるかもしれません。

畑野コーチは境高校のコーチを兼任なさるそうで、
ガイナーレには平日夜間・日中のトレーニング担当として
加わることになるそうですよ。
posted by KAZZ at 20:13 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(新加入・移籍) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月12日

イベントちゃん

《「森をまもろう」スペシャルDAY》ホームゲームイベントのご案内(SC鳥取公式)

え〜、皆様すっかりお忘れではないかと思いますが、
いよいよ今週末からJFLが再開しますよ

というわけで、15日のFC刈谷戦なんですが、
上記のようなイベントが行われる模様。

イベントの概要は上記のリンク先を御覧ください
posted by KAZZ at 20:35 | 島根 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(イベント) このエントリーを含むはてなブックマーク

インド戦〜何故に、犬?

AFCアジアカップ2007予選第5戦@バンガロール

インド 0(0−2,0−1)3 日 本

<得点>
IND)なし
JPN)播戸2(23'、44')、中村憲(82')

<日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:23川口(C)
DF:26今野、30阿部、69水本(HT→35長谷部)
MF:14三都主、31駒野、55鈴木啓、53中村憲、60山岸智
FW:36巻(67'→65我那覇)、74播戸(71'→37佐藤寿)

(出場しなかったサブ)
GK:43山岸範、DF:73山口、MF:51羽生、57佐藤勇、58田中隼

<警告・退場>
IND)アヌパム(35'・警)、マンジュ(87'・警)
JPN)なし


いやまあ、何でなのか、という(笑)

それも1度ならずも2度までも。

インド名物になりつつある停電(というか照明トラブル)も吹っ飛ぶ
ギャグのようなハプニング付きの試合でしたが、
肝心の試合内容といえば、そんなハプニングに釣られたのかどうか
何ともはや締まらない試合になったなという印象しかありません。

私が見てて、良かったなあと思えたのは
播戸と中村憲剛の2選手ぐらいですかね。
この2人がゴールを決めたからというだけではなく、
試合の実になるようなことを何かしら考えつつ
(その中身は播戸と中村では違うのかもしれませんが)
動いていたという印象が強く残ったためです。

あとは、何かもう一つ試合に入り込めていないのかどうなのか、
これという有機的な連動もしないで、ただそこにいただけ、
みたいな試合をしていた
ように思うのです。

オシムが意図するサッカーをやるためには、
まだまだ多くのステップを踏まないとイカン
のでしょうね。

この試合を見ていて、なんとなくそう思いました。
posted by KAZZ at 00:00 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月11日

第86回天皇杯4回戦対戦カード

決定しました。

こちらにも載っています。
http://jfa.sportsinfo.jp/2006/EmperorsCup/20061104.html

で、こちらで改めて確認です。
●印が11/4、○印が11/5、◎印が11/8です。
なお、キックオフは11/4・5が13時、11/8が19時です。
また、TV中継のカードは今のところ決まっていません。


●浦和レッズ vs 静岡FC(駒場)
●アビスパ福岡 vs 京都パープルサンガ(博多球)
○大宮アルディージャ vs YKK AP(秋田陸)
●ジュビロ磐田 vs 柏レイソル(ヤマハ)
◎鹿島アントラーズ vs Honda FC(カシマ)
○名古屋グランパスエイト vs ベガルタ仙台(瑞穂陸)
○清水エスパルス vs 栃木SC(日本平)
○FC東京 vs バンディオンセ神戸(味スタ)
●ガンバ大阪 vs 湘南ベルマーレ(万博)
●サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪(バード)
○大分トリニータ vs ザスパ草津(九石ド)
○横浜Fマリノス vs 愛媛FC(三ツ沢)
●川崎フロンターレ vs サガン鳥栖(等々力)
○ヴァンフォーレ甲府 vs モンテディオ山形(小瀬)
◎ジェフユナイテッド市原・千葉 vs コンサドーレ札幌(フクアリ)
●アルビレックス新潟 vs 徳島ヴォルティス(新潟ス)



・・・とまあ、こういうことなんですが、1点ほど問題が。

実は、栃木SCとYKK APって、
天皇杯の試合当日
(11/5)にJFLの試合があるんですよ。

ホンダロック vs YKK AP(宮崎市、12:00)
流通経済大学 vs 栃木SC(ひたちなか、13:00)
注:どちらもJFL後期第12節。

これ、どうする気なんでしょうか?

ちなみに、我らがSC鳥取も
実は11/5にJFLのHonda FC戦が組まれていて
この扱いがどうなるのかと思ってましたが、
抽選の結果、鹿島との試合で、しかも11/8に回ったので、
どうやらそのまま行われる
ようですが。
posted by KAZZ at 20:44 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月10日

日系ベルマーレ

パラグアイでスタート!「湘南ベルマーレ」と「日系ベルマーレ」強化で提携(湘南ベルマーレ公式)

こういうのができてるらしいことは知ってましたが、
これ、面白い試みですね。

以前、シンガポールのリーグに
アルビレックス新潟が参戦したことがありますが、
(今もしてるんでしょうか?)
それと似たようなものと考えていいのでしょうか。

あちらにドカッと腰を据えて本格的にリーグに参戦するようなので、
これはこれで楽しみかもしれません。
posted by KAZZ at 21:26 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(その他) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月09日

練習試合の結果

練習試合@吉田サッカー公園

サンフレッチェ広島 7(2−0,5−1)1 SC鳥取

<得点>
広)上野3(4'、15'、84')、槙野(47')、前田2(58'、88')、李漢宰(71')
鳥)内山(82')

<SC鳥取のメンバー>
GK:21柴田
DF: 6濱田(後半途中→19田村)、25林、16青柳、 2安東(後半→13石富)
MF:24金、27平田(後半→ 2安東)、18渡部、13石富(後半→練習生)
FW:15内山、 9小林(後半途中→27平田)

トレーニングマッチ(vs.SC鳥取)の試合結果について(サンフレッチェ広島公式)
10月8日TRマッチ vs サンフレッチェ広島の結果(SC鳥取公式)

え〜、鳥取側からのリリースはないのでしょうか?

広島側のメンバーを見ていると、
湘南からレンタル移籍している中里宏司が出てますね。
フル出場していた模様です。
青柳や渡部がこの遠征に同行していたのかは知りませんが、
もし同行していたら、何か会話とかしたんでしょうかね?

青柳や渡部は中里と何か話をしたのでしょうか?

広島側もそうですが、SC鳥取側も控え中心のようでした。
そんな中で、コバが復帰してきたことが注目されますね。
この後に向けて、活躍できるといいのですが。

ま、来週からはJFL再開ですし、切り替えて頑張りましょう。

(2006/10/9 13:14 若干追記変更等しました)
posted by KAZZ at 08:58 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月08日

第86回天皇杯3回戦のまとめ

いろんな意味で意外な結末が待っておりました。
こちらのエントリでやった予想と比較しつつ、見ていきましょうか。

公式記録はこちらで。
http://jfa.sportsinfo.jp/2006/EmperorsCup/20061008.html


A:○コンサドーレ札幌 3延1 新日鐵大分●(室蘭)
(予想は 札幌 4−0 新日鐵 で勝敗のみ当たり)

 とりあえず、札幌がどうしてここまで苦しまなければいけなかったのか、そこのところが知りたいもんです。序盤に先制してから、変に安堵してしまったため(天皇杯ではありがち)なのか、もっと他に理由があったのか。
 延長戦の、それも後半に一気に2点奪って勝負こそ決めた札幌でしたが、新日鐵大分も3試合続けての北海道遠征という厳しい条件の中、大健闘したんじゃないかという気がしますね。


B:○Honda FC 1−0 高知大学●(都田)
(予想は Honda 0延1 高知大 でハズレ)

 これって、Hondaが思ったより不調だったのか、高知大が大健闘したのか、どっちなんでしょうかね。私には、前者のような気がしてならないのですが、試合を見ていない以上、どっちかと断定することはできません。
 ただ、終盤まで失点しなかった高知大が健闘したことだけは事実だろうと思うんですが。最後はHondaの勝負強さにやられたんでしょう。


C:○愛媛FC 2−0 びわこ成蹊スポーツ大学●(愛媛県陸)
(予想は 愛媛 3−2 びわこ成蹊 で勝敗のみ当たり)

 さすがに負けるわけにもイカンのでしょうし、そうなれば愛媛としてはキッチリやれた試合だったように思いますよ。びわこ成蹊にとっては壁が高かったということなんでしょう。


D:○サガン鳥栖 4−3 立命館大学●(佐賀県陸)
(予想は 鳥栖 3−1 立命館大 で勝敗のみ当たり)

 前半終了時に速報見た時、思わず噴き出しそうになりました。前半終わりの段階では1−2で鳥栖が負けてたんですから。いくら相手が大学チャンピオンだからって、そりゃないだろうと思ってましたよ。
 でも、そこはさすがに鳥栖でした。後半一度は勝ち越されながらも、そこから見事逆転に成功したわけですし。そういう意味では、鳥栖としても結果が残せて良かったとは思います。
 ただ、この経過を見る限り、それで喜んでいいのかどうかと言われると、やや心許ない気もしますね。


E:○モンテディオ山形 6−2 三菱自動車水島FC●(山形県陸)
(予想は 山形 3−0 三菱水島FC で勝敗のみ当たり)

 いやまた、こりゃ随分と派手にやってくれました。山形は先制直後に同点に追いつかれて目が覚めちゃったんでしょうね。そこから凄まじい得点ラッシュで一気に突き放しての圧勝でした。
 水島の方は、よく6失点で済んだという気がしますね。


F:○湘南ベルマーレ 4−1 関西大学●(平塚)
(予想は 湘南 3−1 関大 で勝敗のみ当たり)

 どうも菅野監督のコメントから察するに、前半は相当に苦心したようです。そこで試合中に修正を加えたところ、結果が見事に出た、と。監督は結果重視でやれと言っていたようですし、それを思うとまずは良かったのかも。
 ただ、反省点も重々あるようですから、そこはまあ、今後にしっかり活かしていただかないと。
 関大は、Jの地力にやられたってことなんでしょう。


G:○ザスパ草津 3−0 FC岐阜●(群馬敷島サ)
(予想は 草津 1−2 岐阜 でハズレ)

 終わってみればヤスこと高田保則のハットトリックで完勝した草津。お見事という以外ありません。ヤスは良い選手だなあと改めて実感した次第。
 岐阜は、意気込みが空転してしまったのでしょうか。退場者も出たと聞いていますし、とにかく残念な結果に終わってしまったようです。


H:○徳島ヴォルティス 4−1 宮崎産業経営大学●(徳島球)
(予想は 徳島 1−2 宮崎産経大 でハズレ)

 徳島の意地を見た、という気がします。ここで新興の大学相手に躓いていてはいけない、とでも思ったのかもしれませんが、これまであった「天皇杯で大学生に負ける」というジンクスを見事に払拭しました。
 宮崎産経大としては、そういう徳島の前に1点取るのが精一杯だったのかもしれませんね。


I:●横浜FC 0−1 バンディオンセ神戸○(三ツ沢)
(予想は 横浜FC 3−1 B神戸 でハズレ)

 この試合はテレビで見てました。横浜FCのメンバーを見た時、嫌な予感がチラッと頭をよぎったのですが、終盤に失点を喰らってそれが現実のものになってしまいました。
 ただ、この敗北が、果たして本当に足りなかったメンバーだけのせいだったのかと言われると、ちょっと違うんじゃないかという気もしました。
 バンディオンセの選手に総じて言えたことなんですが、ボールに対する出足が横浜FCの選手に比べて、一歩は確実に早く思えたんですよ。橋本監督がいみじくも言っていたように、彼らには「失うものがない」のですから、それだけ全力で行けちゃうんです。
 ところが、横浜FCの選手たちは、何をどう気負ったのか知りませんが、出足が悪い。ホームで、サポの数だけ見ても自分たちの方が圧倒的に優位だというのに、いいところがないんですよ。これでは、負けても仕方がないなと思った次第です。
 バンディオンセのサッカーは、少なくともこの試合に関しては、面白いと感じました。来季のJFLに上がってくるかどうかはわかりませんが、もし上がってきたら、嫌な相手になりそうな気がしますね。


J:●東京ヴェルディ1969 0−1 栃木SC○(味スタ)
(予想は 東京V 1延2 栃木 で勝敗のみ当たり)

 いやあ、やっちゃいましたよ、栃木。ただ、これもヴェルディが不調だったのか、栃木が予想以上に健闘したのかと言われると、難しい気がします。
 いずれにせよ、ヴェルディ相手に一歩も退かない闘いを見せたという点に於いては、評価されて然るべき栃木であります。次の相手がどうなるかはわかりませんが、やりようによっては、次も大物食いなんてことにも・・・。
 ヴェルディはこの負けが残りのリーグ戦に影響するようだと・・・。どう切り替えてくるんでしょうね。


K:○ベガルタ仙台 1−0 ロッソ熊本●(ユアスタ)
(予想は 仙台 4−1 熊本 で勝敗のみ当たり)

 これもテレビ観戦です。終わってみると意外と僅差の試合だったわけですが、ただ、ロッソの方からは、「ベガルタを喰ってやる」みたいな気迫が、どうも感じ取れないような雰囲気に見えました。
 いや、もちろんピッチ上でプレーしていた選手たちは、一様に「ベガルタを喰って」やろうと意気揚々とプレーしていたんだろうと思うんですが、それが実際のプレーとして見えてこない、というか、何かもどかしい動きに終始してしまったように思えてなりませんでした。
 ベガルタも、この相手にやりにくさがあったのか、もう一つ煮え切らない動きが多かったように思いますが、それでも得点はできたわけで、勝負強さはそれ相応にあったのでしょう。


L:●水戸ホーリーホック 0−1 静岡FC○(ひたちなか)
(予想は 水戸 2−1 静岡 でハズレ)

 互角の試合をさせてしまった水戸、互角の試合に持ち込んで勝った静岡、という図式なんでしょうか。データを見る限り、互角に見えるんですよ。
 静岡の方からすると、後半に河村を投入したのが当たったという言い方ができそうです。彼の投入で静岡としては試合が活性化されたんでしょう。
 一方の水戸は、何だかわからないうちに負けてしまったみたいに思えますが・・・。


M:●ヴィッセル神戸 2−4 YKK AP○(富山県陸)
(予想は V神戸 0延1 YKK で勝敗のみ当たり)

 ここはアップセットがあるだろうと予想はしましたが、よもやここまでとは・・・。YKKが自慢の攻撃力を爆発させたってのは、なるほどと頷ける反面、主に控え選手が多く出ていた感のある神戸にとってみると、そこら辺のギャップがこの負けにつながったのかなあ、と。
 そういえば、横浜FCも控え組中心のメンバー構成の結果、敗北を喫してしまったわけですが、ある意味、ヴィッセルも似たような様相だったのかもしれません。


N:○柏レイソル 3−0 法政大学●(日立柏)
(予想は 柏 5−0 法政大 で勝敗のみ当たり)

 意外にも前半無得点だったので、柏もヤバいのかと思ってたら、後半でキチッと結果を出してきました。それはそれでいいと思うんですが、柏としてはもう少し点を取っておきたかったんじゃないか、という気もしたりして。まあでも、完勝したのはチームにとってはいいことですよ。
 法大には、やはり柏は荷の重い相手だったのかなあという気がします。



さて、4回戦の組合せはまだわかりませんが、
どんなことになるんでしょうね。

とりあえず、4回戦(11/4・5・8)へのJ1クラブ以外の
進出チームは以下の通りになります。

コンサドーレ札幌、Honda FC、愛媛FC、サガン鳥栖、モンテディオ山形、湘南ベルマーレ、ザスパ草津、徳島ヴォルティス、バンディオンセ神戸、栃木SC、ベガルタ仙台、静岡FC、YKK AP、柏レイソル
posted by KAZZ at 22:23 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

そしてドカ負け

第86回天皇杯サッカー全日本選手権3回戦@富山県陸

ヴィッセル神戸 2(1−2,1−2)4 YKK AP

<得点>
神)北野(25')、平瀬(62')
Y)牛鼻2(20'、86')、岸田(38')、長谷川(85')


こらまた酷い負け方ですなあ・・・。

早いとこ公式記録を見てみたいもんです。
いったい、ヴィッセルに何があったのか、というのが知りたい。
ぜひ知りたい。

同じ神戸勢のバンディオンセ神戸が横浜FCに勝ったのとは
何やら対照的な結果になってしまった感があります。

それにしても、YKKはやりますね。
昨年のアローズ北陸も、湘南ベルマーレを負かして意気上がったもんですが、
その再現でも見てるかのような感じです。

次、J1の何処と当たるのか知りませんけど、
YKKだったら、J1のどっかを本当に喰いそうな気がしてきました。
posted by KAZZ at 21:18 | 島根 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | ヴィッセル神戸 このエントリーを含むはてなブックマーク

まずは圧勝

第86回天皇杯サッカー全日本選手権3回戦@平塚

湘南ベルマーレ 4(1−1,3−0)1 関西大学

<得点>
湘)村山(42')、永里(49')、アジエル2(68'、78')
関)安藤(38')

<湘南ベルマーレのメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK:25植村
DF: 4村山、22松本、 3田村、21尾亦
MF:10アジエル、15北島、 7佐藤悠、 8坂本
FW:19石原(73'→11フラビオ、79'→24加藤望)、14永里(73'→29横山)

(出場しなかったサブ)
GK: 1伊藤友、18池田

<警告・退場>
湘)田村(28'・警)、佐藤悠(81'・警)
関)なし


先制点喰らったすぐあとに追いついて
落ち着けたのが大きかったようですね。
で、後半立ち上がりのいい時間に永里が追加点を取って、
これで乗れたみたいな風に見えます。

昨年の轍だけは踏んじゃいけないという思いもあったのかも。
関大相手にキッチリと圧勝できて良かったんじゃないですかね。

次が何処との試合になるかは未定ですが、
何処が相手でも全力でぶつかりましょうね。
posted by KAZZ at 21:01 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 湘南ベルマーレ(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月07日

準加盟申請2度目の見送り

SC鳥取がJ準加盟クラブ申請見送り(山陰中央新報)

やっぱりこうなったか、というのが率直な感想です。

次の申請機会は来年1月10日だそうで、
ひとまずはこれを目指して体制を整える方向に向かうようです。

ただ、ここに来て考えられるのは、
事前準備が恐らくほとんど何もない状態から始めて、
一定の形が見える(つまり、準会員申請に事足りる)段階に到達するまでは、
まだまだ相当な時間と努力を要する可能性があるということですね。

もちろん、我々サポにできることはしますが、
クラブ側の努力というものも、今まで以上に必要になると思います。
posted by KAZZ at 00:42 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(J参入関連) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月06日

第86回天皇杯3回戦予想

明後日の10月8日は天皇杯3回戦が開催されます。
いよいよJ2クラブが登場しますね。
対戦カードと会場は以下の通りです。
全て10月8日13時キックオフ予定で、★印はTV中継があります。

A:コンサドーレ札幌 vs 新日鐵大分(室蘭)
B:Honda FC vs 高知大学(都田)
C:愛媛FC vs びわこ成蹊スポーツ大学(愛媛県陸)
D:サガン鳥栖 vs 立命館大学(佐賀県陸)
E:モンテディオ山形 vs 三菱自動車水島FC(山形県陸)
F:湘南ベルマーレ vs 関西大学(平塚)
G:ザスパ草津 vs FC岐阜(群馬敷島サ)
H:徳島ヴォルティス vs 宮崎産業経営大学(徳島球)
I:横浜FC vs バンディオンセ神戸(三ツ沢)★
J:東京ヴェルディ1969 vs 栃木SC(味スタ)
K:ベガルタ仙台 vs ロッソ熊本(ユアスタ)★
L:水戸ホーリーホック vs 静岡FC(ひたちなか)
M:ヴィッセル神戸 vs YKK AP(富山県陸)
N:柏レイソル vs 法政大学(日立柏)

というわけで、早速、例によって対戦の予想を。
当たんないだろうとは思いますが、
しばしの戯れ言におつきあいください。
★が勝ち予想、☆が負け予想です。

続きを読む
posted by KAZZ at 21:29 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月05日

練習試合とイベント

まず、練習試合から。

トレーニングマッチ vsサンフレッチェ広島(SC鳥取公式)

8日の13:30から、安芸高田市の吉田サッカー公園で
サンフレッチェ広島と練習試合をやる
ようですね。
通常の試合形式(45分×2)だそうで。

主力組が前日(7日)に小瀬遠征(vsVF甲府)なので、
ここに出てくるサンフレの選手は、恐らく控え組中心かもしれません。

一方、イベント。

『鳥取の食と文化展』参加のお知らせ(SC鳥取公式)

同じく8日の10:30〜16:00に、
米子天満屋で上記のイベントに参加するようです。

またエアピッチの出番か!(笑)

個人的には、

>Aガイナーレと一緒におにぎり作り

これが意外と期待できそうな気がしますが(何を


行ける人は、どちらかに足を運んでみては如何でしょう?
posted by KAZZ at 20:49 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(イベント) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月04日

ガーナ戦〜言葉にするのが難しい試合

キリン提供の練習試合@日産スタジアム

日 本 0(0−0,0−1)1 ガーナ

<得点>
JPN)なし
GHA)ハミヌ(73')

<日本代表のメンバー>
(先発及び出場したサブ)
GK: 1川口(C)
DF: 4水本、 6阿部、20今野
MF: 5駒野、 8三都主(86'→10二川)、 7遠藤(75'→14中村憲)、13鈴木啓(79'→17長谷部)、16山岸智(68'→21播戸)
FW:18巻(72'→ 9我那覇)、11佐藤寿(63'→22羽生)

(出場しなかったサブ)
GK:12山岸範、23西川、DF: 2山口智、 3青山、MF:15田中隼、19佐藤勇

<警告・退場>
JPN)阿部(61'・警)
GHN)モハメド(22'・警)


う〜ん・・・。

評するのが難しい試合であります。

とりあえず、どう言っていいのかよくわからないところがあるんですが、
一つだけ確実に言えることは、どんなに強いとされる相手であっても、
ホームでやる以上はガチッと機先を制する姿勢を90分持たないと、
見てる方がツラい試合になっちゃいます
から。

これはこれで、とりあえず頑張ったとは思うんですが・・・。
posted by KAZZ at 22:10 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表(試合) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月03日

3回戦のテレビ中継カード

NHKスポーツオンライン 第86回天皇杯サッカー

↑にも載ってますが、3回戦の全国テレビ中継2カードが決まりました。

横浜FC vs バンディオンセ神戸(13:00〜)
ベガルタ仙台 vs ロッソ熊本(15:10〜予定)

どちらも面白いカードだと思いますが、
特に後者(録画ですが)は見物だと思いますよ。

個人的には、以下のカードも見てみたいわけですが。

東京ヴェルディ1969 vs 栃木SC
ザスパ草津 vs FC岐阜
ヴィッセル神戸 vs YKK AP

ともかく、8日13時を刮目して待ちましょう。
posted by KAZZ at 21:17 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー天皇杯(06年以前) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月02日

国体2日目の結果

のじぎく兵庫国体サッカー競技成年男子の部第2日

鳥取県代表 0(0−0,0−0,0−0,0−0、PK5-6)0 京都府代表

<得点>
鳥)なし
京)なし


2日連続で延長戦というのは、
如何に通常が35分ハーフでもキツいってことですかね。

ただまあ、得点がないってのが・・・。

約2週間後の刈谷戦までに立て直したいところです。
posted by KAZZ at 20:06 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

凱旋門賞〜本当に仕方のない敗北だったのか?

凱旋門賞【THE PRIX DE L'ARC DE TRIOMPHE】
(G1・芝2,400m・ロンシャン・現地時間17:35発走)

1 5レイルリンク      (パスキエ) 2’26”30
2 4プライド        (ルメール)
3 1ディープインパクト   (武豊)
--------------------------------------------------------
4 2ハリケーンラン     (ファロン)
5 8ベストネーム      (ペリエ)
6 7アイリッシュウェルズ  (ブフ)
7 6シックスティーズアイコン(デットーリ)
8 3シロッコ        (スミヨン)


完敗でしょう。
やはりヨーロッパの壁は高かったってことです。

勝ち馬のレイルリンクとの斤量差(3.5kg)は、
正直なところ、わかっていた話ですから
さほど問題にはならないだろうと。
(もちろん、それ自体が敗因の一端ではありますが

先行策も問題かもしれませんが、これはこれ。
武も考えた末の騎乗なのですから、仕方がありません。

それより、私が残念でならないのは、
渡仏後にステップレースを1度も使わなかったこと。
武はロンシャンを知っていても、馬は知らないんです。
であるならば、最低1度はステップレースを使いたかった
シロッコが勝ったフォワ賞なんか打ってつけですもの。
同じロンシャン芝2,400mでやるんですしね。

使わなくても馬が何とかする乗り役が何とかする
みたいな池江先生をはじめとする陣営の見通しの甘さ

本番にああいう形で出てしまったということではないかと。
やはり、生きた経験をさせとかないとダメだった
ということが改めてわかったような気がします。

ま、何にしたって結果は結果
冷静に受け止める以外にないでしょう。
このまま他の海外レースに出ずに帰国するのなら、
まずは無事に帰ってきてほしいものです。
そして、引き続き他の海外レースに出るのであれば、
健康に留意して素晴らしいレースができるよう
万全のバックアップを願いたい
ものです。

勝ち時計が訂正されました。(2006/10/04)

続きを読む
posted by KAZZ at 01:53 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬(結果) このエントリーを含むはてなブックマーク

2006年10月01日

国体初日の結果

のじぎく兵庫国体サッカー競技成年男子の部第1日

鳥取県代表 2(0−0,1−1,0−0,1−0)1 高知県代表

<得点>
鳥)西村2
高)八木


延長戦まで行っちゃったようですが、勝ちましたよ。
明日の2回戦は、京都府代表(佐川印刷)が相手です。
posted by KAZZ at 16:22 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ガイナーレ鳥取(試合・06年) このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。